現代の鉄道草

2016/04/22

今年もナガミヒナゲシ

20160422nagamihinageshi

最近、春になると道路沿いに大量に咲いている「ナガミヒナゲシ」。道路沿いに咲いているのは、種が車にくっついて運ばれるのと、コンクリートによるアルカリ性土壌を好むからだそうです。昔、鉄道沿いに広がる雑草を「鉄道草」といったそうですが、これはいわば「道路草」です。また、こんなにも繁殖力が強いのは、ひとつの花から飛び散る種がものすごく多いのと、他の植物が育ちにくくなる物質をまわりに出すからだそうです。あまりの繁殖力に最近はちょっと嫌われ気味で、「偽ポピー」などとよぶ人もいます。ケシの一種だから間違いなくポピーなのですが…

20110504mininagami01 20110504mininagami02

あと、この花は、生育条件がどんなに悪くても、体を小さくして花をつけ、種を飛ばします。一番上の写真では、いろいろなサイズで花を咲かせているようすがわかります。直前の写真は2011年5月4日の記事に載せたものですが、こんなに小さくなってでも花や実をつけることがわかります。どんな逆境でも生き抜く強さに感嘆します。

ナガミヒナゲシについて、一般向けのわかりやすい解説を見つけました。ナガミヒナゲシを歌った短歌も紹介されています。ご参照ください。 藤井義晴「春に気をつける外来植物:ながみひなげし」農環研ニュース No. 90, 2011. 3

2014/04/13

こんなところに隠れて

20140413nagamihinageshi02 20140413nagamihinageshi01

今年も出てきた、ナガミヒナゲシ。冬の間はこんなところに隠れているのですね。

2013/04/26

花壇

20130426kadan01 20130426kadan02_2

京都の烏丸通夷川付近にある、街路樹や花壇です。この時期にはどこの土地でも見られるように、ナガミヒナゲシに占領されてしまっています。

ナガミヒナゲシの種は自動車について運ばれるそうで、たしかに幹線道路沿いに生えているのが見られます。この写真でも、車道側にたくさん生えているのがわかります。

このブログでは、これまでにも何度かナガミヒナゲシについて書いており、「現代の鉄道草」カテゴリにまとめてあります。私は、この花がいまひとつ好きになれません。ひょろひょろとのびる茎がどうも…それに、一度に大量に茎を伸ばしますし。

2011/05/04

ミニナガミヒナゲシ

20110504mininagami01 20110504mininagami02

こちらの記事で,ナガミヒナゲシは条件の悪いところでは小さくなってでも花をつけることを書きました。その記事でも小さくなって花をつけたものの写真を載せましたが,さらに小さいのを見つけました。

わずかな隙間に生えて,これだけ小さくなってでも花をつけタネを残す。驚くべき生命力です。

2011/04/27

今年のナガミヒナゲシ

20110427mininagami01

家の近くの道路沿いには,今年もナガミヒナゲシが生えていますが,例年とくらべると小さく,また本数が少ないように思います。この草は元々冬が温暖な地中海地方のもので,日本の冬が温暖になったため広まったそうですから,この冬の寒さのせいで弱っているのでしょうか。

20110427mininagami02

ここには小さくなったナガミヒナゲシ(こちらを参照)が生えていました。

20110427mininagami03

中には,こんなにひょろひょろしたものも。この花は咲くのでしょうか。

2011/04/20

こんなところにナガミヒナゲシ

20110420nagami01

現代の鉄道草」カテゴリでご紹介しているナガミヒナゲシ,今年も花を咲かせる時期になりました。

20110420nagami02

こちらの記事でご紹介しているように,この草は道路沿いにたくさん生えていて,タネが自動車で運ばれていると考えられているそうです。しかし,上の写真の場所は先日「桜の老木」の記事でご紹介した桜の木の横で,自動車の通る道からはだいぶ奥に入っています。

この写真のすぐ横にも,何本か生えている場所がありました。来年はここ一面にこの花が咲くのでしょうか…

2010/05/21

ナガミヒナゲシのカレンダー

20100521nagamical

広島大学公式カレンダーの5月は,ナガミヒナゲシの写真です.あちこちで迷惑がられている花ですが,このような写真にするとなかなか美しいです.ちゃんと,花とつぼみと穂が1枚におさめられています.

2010/04/05

今年も出てきた

20100405nagami01 20100405nagami02

今年も出てきました,「現代の鉄道草」ナガミヒナゲシです.

ヒナゲシ,すなわちポピーに違いはないはずですが,「偽ポピー」などというありがたくない名前までついているそうです.この花を「貧相」と言っている人がいましたが,くすんだ花の色,ひょろっとした茎に加え,花びらが薄く,上の写真のようにすぐ欠けてしまうところも,そういわれる理由ではないかと思います.

20100405nagami03

それにしても,冬の間は隠れていて,春になると急に茎を伸ばして花を咲かせます.ここにも,たくさん隠れているのでしょうか.

20100405nagami04_2

と思って翌日よく見たら,やはり伸びてきていました.

2009/05/10

現代の鉄道草

20090510tetsudo

以前「宇品線跡」という記事でご紹介した,国鉄宇品線の跡地です.鉄道の跡地には,「現代の鉄道草」,ナガミヒナゲシが広がっています.写真の左側は道路,右側は土手になっていますが,生えている場所によって草の大きさが違っています.

それにしても,「宇品線跡」の記事は昨年の6月のものですが,そのときは草が刈ってあって,花壇も作ってありました.今年はやっていないようです.

2009/05/02

ナガミヒナゲシの矮化

20090502hinageshi01_2

家の近くの道路沿いに生えている,ナガミヒナゲシです.すでに花は散って,実になっています.この写真の左下隅に,小さな花が生えています.

20090502hinageshi02

これは,「矮化」したナガミヒナゲシです(上下の写真とも,大きさがわかるように携帯電話を置いています).この花は,1960年代に日本に入ってきて以来,その強力な繁殖力で広範囲に広がっています.その強さのひとつに,生育条件が悪いときにはこのように小さくなって生きながらえる能力があるそうです.

上の写真もそうですが,この花は道路沿いでよく見かけます.先日,こちらの研究論文のことが新聞で報じられていましたが,それによると,確かに幹線道路沿いや幹線道路に近い駐車場に多く生えているそうで,自動車が種子を運んでいると考えられるそうです.

汽車が種子を運んできて線路の周りに生えるので,別名「鉄道草」とよばれている草がありますが,これはさしずめ「道路草」でしょうか.

フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

浅野晃のサイト

無料ブログはココログ