« 六文銭 | トップページ | 鉾への出入り »

2016/07/10

フィンランドの選挙

7月10日は参院選の投票日です。1994-95年にフィンランドにいたとき、帰る直前に、国政選挙の選挙運動が行われていました。向こうの選挙運動では、街の中心の広場に各党のテントが出て、それぞれ宣伝活動をしています。写真は東部のヨエンスー市を訪問したときに見たものですが、土曜日の午前で、まだ準備中みたいです。こういうところで各党の話を聞けるというのは、選挙カーで名前を連呼するよりも効果的ではないかと思います。なお、フィンランドの国会は一院制で、選挙は地域ブロックごとの非拘束名簿式比例代表制で行われます。

ところで、参院選はしばしば7月はじめに行われますが、この場合公示日が6月末になるため、年度末ぎりぎりに転居した人は現住所での投票ができないことがあります。私も1998年の参院選のとき、福岡から広島に移って3ヶ月経っていなかったので、広島での投票はできませんでした。不在者投票を行いましたが、福岡から書類を取り寄せたり、かなり面倒でした。年度末に引っ越しをする人は多いと思うので、もう少し考えてもらいたいと思います。

Vlcsnap2016071000h52m37s111

「国民連合」のテントですが、まだテントを立てただけのようです。

Vlcsnap2016071000h50m30s087_2

「緑の同盟」かな?

Vlcsnap2016071000h52m15s402

これはもしかしたら、政党の選挙運動ではなく、保険会社の宣伝かもしれません。緑の看板には「繁栄は仕事から生まれる」と書いてあります。このときの選挙では、どの党も「失業問題」を最重要課題としていました。

« 六文銭 | トップページ | 鉾への出入り »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 六文銭 | トップページ | 鉾への出入り »

浅野晃のサイト

無料ブログはココログ