« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月

2016/06/19

スマフォへ

20160619iphonese01

20160619iphonese02

携帯電話を、シャープ製ドコモSH-03BからiPhoneSEに変えました。SH-03Bは6年4ヶ月使いました。ドコモショップのお姉さんにも「物持ちがいいですね」と言われました^^;SH-03Bは、いわゆる「スマホ」ではなく、従来型の携帯電話ですが、タッチパネルとフルキーボードの両方がついていて、メールを打つなどの作業にはとても便利でした。これを買ったのはちょうど「スマホ」という言葉が広まってきたころで、これを使っていると「それが最近よく聞く”スマホ”ですか」とよく言われました。ネットでは、SH-03Bを「究極のガラパゴスケータイ」といっている人もいました。

初期のころは、電源を切ると入らなくなるというトラブルがあり、本体を2回交換しましたが、それでも好きな機種だったので使い続けてきました。いまでも、音声品質はiPhoneよりいいと思います。

おつかれさまでした。


2016/06/14

Le lait - ラテ

20160614latte

なんか変。

2016/06/13

ファブリックの女王

20160613armi

フィンランド映画「ファブリックの女王」を見てきました。フィンランドの有名なアパレル企業「マリメッコ」を創業した女性アルミ・ラティアを、劇中劇のスタイルで描いたものです。

原題は"Armi elää!”(「アルミは生きる!」)で、日本語的にいえば「アルミの生き様」くらいでしょうか。その生き様、けっこうとんでもないもので、マリメッコをあの大きな花の柄と思っている人は、幻滅するかも…

(ちょっとマニアックネタ)
銀行から事業計画を問われて、小説「七人兄弟」から引用したセリフを答える場面がありますが、字幕では「「七人兄弟」の…ということをマリメッコは実現します」みたいな説明が加わっていました。フィンランドの人はセリフだけで「七人兄弟」の引用とわかるのですね(もしかしたら聞き逃しているのかもしれないけれど)

2016/06/11

FAKE

20160611fake

この映画を見てきました。大阪での初日で、12:25の回は監督のトークショー付き、14:45の回は監督の舞台あいさつ付き。12:25の回に入ろうとやってきたら、12:25はすでに満席、14:45も立ち見席しかなしorz

で、立ち見の中では整理券番号が早いほうだったので、壁際の通路の床に置いてある座布団にべた座りでした。座高が高くてよかったと、生まれて初めて思いました^_^;

映画では、佐村河内氏が本当に耳が聞こえないのか、新垣氏が「(佐村河内氏が)耳が聞こえないと思ったことはない」といったのはウソなのか、ということに、かなり時間を使っていました。しかし、私はそのことにはあまり興味がありません。

私が関心があるのは、「交響曲第1番」の作曲に、佐村河内氏がどのくらい貢献しているのかということだけです。問題の「ラスト12分」を見て、私は佐村河内氏の貢献は非常に小さいと思いました。(ラスト12分の内容は秘密にしてくださいと言われているので書きませんが、きっとネット上にネタバレは転がっているでしょう)

森監督にサインをもらうときに、自分が「交響曲第1番」を演奏したことがあることを話しました。「ラスト12分」はいかがでしたかと聞かれましたが、「うーーーーーーん、今度新垣さんの曲も演奏するんで、先入観が入らないほうが」とかなんとかいってごまかしました。

映画は好評で、1週間前に公開が始まった東京でも、連日満席だそうです。

2016/06/06

仕事もしてます

20160605color02

日本色彩学会全国大会で発表してきました。写真は、実験に使ったサーモグラフィカメラを持ち込んで説明しているところ。

20160605color01

今回の大会のテーマは「自然の光,人工の光」でした。ガタガタの文字で「人工」を表現するのは、私にはよくわかります。子どもの頃、「おかあさんといっしょ」で、体操のお兄さんが「ロボット」を表現するのに「ギッコンバッタン」と言いながらぎこちない動きをしていたのを思い出します。でも、いまはガタガタの文字はあまり見ないし、ロボットの動きはなめらかだし、若い人には通じない?

20160605color03

最後の写真は、蛍の観賞会で撮影した、蛍の光跡です。iOSの「スローシャッター」アプリが期間限定無料だったときにダウンロードしておきましたが、今回はじめて使いました。

2016/06/01

注文のしかた

20160601marukame

丸亀製麺にある、英中韓の各言語による「注文のしかた」案内。外国人旅行者にとって助かるのは、外国語メニューよりもこれだと思います。外国へ行くと、どうやって店に入ってどうやって注文しどうやって支払うかという「システム」がわからなくて不安になります。世界共通のマクドナルドではホッとします^_^ だから、マクドナルドに入るのは日本より外国でのことが多いです。

浅野晃のサイト

無料ブログはココログ