« わかりにくい装置 | トップページ | 乱横断 »

2016/04/22

今年もナガミヒナゲシ

20160422nagamihinageshi

最近、春になると道路沿いに大量に咲いている「ナガミヒナゲシ」。道路沿いに咲いているのは、種が車にくっついて運ばれるのと、コンクリートによるアルカリ性土壌を好むからだそうです。昔、鉄道沿いに広がる雑草を「鉄道草」といったそうですが、これはいわば「道路草」です。また、こんなにも繁殖力が強いのは、ひとつの花から飛び散る種がものすごく多いのと、他の植物が育ちにくくなる物質をまわりに出すからだそうです。あまりの繁殖力に最近はちょっと嫌われ気味で、「偽ポピー」などとよぶ人もいます。ケシの一種だから間違いなくポピーなのですが…

20110504mininagami01 20110504mininagami02

あと、この花は、生育条件がどんなに悪くても、体を小さくして花をつけ、種を飛ばします。一番上の写真では、いろいろなサイズで花を咲かせているようすがわかります。直前の写真は2011年5月4日の記事に載せたものですが、こんなに小さくなってでも花や実をつけることがわかります。どんな逆境でも生き抜く強さに感嘆します。

ナガミヒナゲシについて、一般向けのわかりやすい解説を見つけました。ナガミヒナゲシを歌った短歌も紹介されています。ご参照ください。 藤井義晴「春に気をつける外来植物:ながみひなげし」農環研ニュース No. 90, 2011. 3

« わかりにくい装置 | トップページ | 乱横断 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« わかりにくい装置 | トップページ | 乱横断 »

フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

浅野晃のサイト

無料ブログはココログ