« 草 | トップページ | ポジションマーク »

2015/07/21

演奏が、落語「寝床」に

20150721reveriei (写真をクリックすると動画を表示します(約26MB))

今日の午後は、1年生対象の「導入ゼミ」の最終回で、恒例のお茶会と演奏を行いました。(誰ですか、ジャイアンリサ(略)とかいってる人はw)

ところが。事前に「最終回はお茶会と演奏」と伝えてあったのですが、午前中に1人の学生から「試験勉強が厳しいので今日は休ませてください」というメール が。まるで、「大家が下手な義太夫節を店子たちに聞かせようとして、店子が皆理由をつけて逃げ回る」という落語の「寝床」みたいなことに ○| ̄|_

そもそも今年は、ゼミの運営が最初からうまくいきませんでした。何の話をしても、学生の関心をつかむことができませんでした。昨年や一昨年なら、演奏のあ とはしばらくお茶会をしていたのですが、今年は演奏が終わったら、楽器を触ってみたいという数人以外はさっさと帰ってしまいました ○| ̄|_ 学生どうしも疎遠だったみたいで、お茶会のはずなのにばらばらに座っているし、用意したお菓子やお茶を配ってと指示してもなかなかやろうとしないし。

今日の演奏は、失敗したとか音がどうとかいう以前に、4ヶ月分のそういうイライラが音に出てしまっているようです。講義は楽器よりは上手にできますけど(一応プロですから)、やっぱりこういうイライラは進行や表情や声に出てしまっているのかなあ。


さて、今日の曲目は、G. ボッテジーニの「夢」でした。私はこの曲が大好きで、九州にいたころから、ときおり自分で練習していました。学生オケでコントラバスを弾いていた方には、 管弦楽と並行して、先生についてソロ曲の演奏を習っていた方も多いと思いますが、私は学生時代にはそんな余裕はありませんでした。関西に戻ってきて、十数 年のブランクの後に演奏を再開したときに、はじめてソロ曲の演奏を先生に習うことにして、大好きなこの曲についての指導をお願いしています。なかなかむず かしく、生きている間に満足に弾ける日はきっと来ないと思いますが、一生の楽しみとして弾いています。いわば、「おとなのピアノ」ならぬ「おとなのコント ラバス」ですね^_^


なお、おそらく今後2年間は導入ゼミは担当しないことになりそうなので、「恒例」の演奏も、これから当分はありません。

 

« 草 | トップページ | ポジションマーク »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 草 | トップページ | ポジションマーク »

フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

浅野晃のサイト

無料ブログはココログ