« 竹元教授の理想・悠太郎の現実(4) | トップページ | 竹元教授の理想・悠太郎の現実(6) »

2014/02/23

竹元教授の理想・悠太郎の現実(5)

20140223doubutsuenmae01

第5回めは、やはり1938年に開業した、動物園前駅です。この駅は、これまでの「島型ホーム」の駅と違い、「対向式ホーム」になっています。

日本最初の地下鉄である東京メトロ銀座線の上野ー浅草間や、関西で最初の地下鉄道である阪急京都線の西院駅・大宮駅は、いずれも対向式ホームです。当時はこちらのほうがふつうの設計だったのでしょうか。

ドラマでも、土木技術者の石川が「ただ掘るだけでも難儀やのに、天井のアーチだ?、ホームは島型だ何やかんや、わしらがどんだけ苦労してきたと思ってんねん!」と怒る場面がありました(第83回)。

20140223doubutsuenmae02

動物園前駅の御堂筋線ホームでは、壁のタイルにいろいろな動物が描かれています。これは開業当初にはなかったそうで、いつ作られたのかよくわからないそうです。少なくとも、私が小学生の頃にはありました。

« 竹元教授の理想・悠太郎の現実(4) | トップページ | 竹元教授の理想・悠太郎の現実(6) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 竹元教授の理想・悠太郎の現実(4) | トップページ | 竹元教授の理想・悠太郎の現実(6) »

浅野晃のサイト

無料ブログはココログ