« 特別展「森と湖の国 フィンランド・デザイン」 | トップページ | ようおこし »

2013/07/21

東洋陶磁美術館と中央公会堂

20130721moco01

きのう訪れた、中之島の大阪市立東洋陶磁美術館と、その奥にある大阪市中央公会堂です。私は、ここは大阪で一番美しい風景のひとつだと思っています。

東洋陶磁美術館と中央公会堂は、どちらも民間からの寄付で作られたという共通点があります。東洋陶磁美術館については、「東洋陶磁美術館「安宅コレクション」(1)」・同(2)(住友電工社長・松本正義氏のブログ)を、中央公会堂については、「甦った大阪市中央公会堂」(朝日放送「歴史街道」)をごらんください。

20130721moco02

東洋陶磁美術館の向かい側は、川沿いまで広場になっていて、その脇にはオープンカフェもあります。

20130721moco03_20060505keshiki

この広場は、京阪電鉄中之島線・なにわ橋駅の工事が行われていた場所です。上の写真は、2006年5月の工事中に撮影したもので、土砂を船で運び出すための装置が川に張り出しているのが見えます。工事中も景観を守るため、防護壁には実際にレンガが埋め込まれました。

« 特別展「森と湖の国 フィンランド・デザイン」 | トップページ | ようおこし »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 特別展「森と湖の国 フィンランド・デザイン」 | トップページ | ようおこし »

浅野晃のサイト

無料ブログはココログ