« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013/03/31

道端の菜の花

20130331nanohana01 20130331nanohana02 20130331nanohana03

春になると、大通りの道端には「ナガミヒナゲシ」が目立つようになりましたが、広島の家のそばでは菜の花が咲いているのに気づきました。

2013/03/30

はてなの茶碗

20130330hatena

底には漏れてきてはいないのですが、微妙に漏れているのでしょうか… 動画もどうぞ。(Please click here to show the movie.)

落語の「はてなの茶碗」?あれは「穴がないのに漏れる」でしたか。

 

2013/03/29

テルマエ・ロマエ

20130329furo01_2

「テルマエ・ロマエ」を題材にした、入浴マナーポスター。右下の「湯船の中で体を洗わないでください」で、ストリジルを使ってるcoldsweats01

20130329furo02

このポスターは家の近所の銭湯にもあったのですが、脱衣所に貼ってあったので写真が撮れませんでした。ここの温泉ホテルでは外に貼ってあったので、スタッフに断って撮らせてもらいました。

2013/03/28

【宣伝】演奏会に出ます

20130328keihannaflierblog [PDF]

けいはんなフィルハーモニー管弦楽団演奏会
客演指揮 新田ユリ

2013年6月9日(日)14:00開演
けいはんなプラザ・京都府立けいはんなホール メインホール

マデトヤ/交響曲第2番
シベリウス/組曲「クリスチャンII世」
グリーグ/序曲「秋に」

今回の演奏会では、北欧音楽のスペシャリスト・新田ユリさんを客演指揮に迎え、ノルウェーの作曲家グリーグ、フィンランドの作曲家シベリウスと、シベリウスの次の世代のフィンランドの作曲家であるマデトヤの作品を演奏します。よろしければぜひご来場ください。チケットは私にご連絡いただければ差し上げます。

20130328keihannakeiji

大学の掲示板にも貼ってもらいました。今回のチラシは、レモンイエローでよく目立ちます。しかし、隣の「課外活動」のところに、スケートの髙橋選手や織田選手の活躍が掲示されると…(汗)


ところで、会場の「けいはんなホール」は京阪奈学研都市の中心「けいはんなプラザ」にあるのですが、目の前に駅があるわけではないので、どうしても「遠い」という印象があります。

けいはんなプラザへは、大阪方面からは近鉄けいはんな線の終点・学研奈良登美ヶ丘駅からバスで10〜15分、京都方面からは近鉄京都線の新祝園駅からバスで12分です。バスの時刻は、けいはんなプラザのサイトのバス時刻表でご確認ください。

例えば大阪方面からですと、地下鉄御堂筋線梅田駅を12:37に出ると、学研奈良登美ヶ丘駅に13:23着、13:30発のバスに乗って、13:45頃にけいはんなプラザに着きます。また、京都方面からですと、近鉄京都駅を12:45に出ると、新祝園駅に13:20着、13:24発のバスに乗って、13:36頃にけいはんなプラザに着きます。

また、お車でお越しの方は、けいはんなプラザのサイトの案内図をご参照ください。500台収容の駐車場があり、当日は無料です。車で行けて駐車場無料というコンサートホールはなかなかありません(笑)

なお、演奏会にかかる時間は全体で2時間程度の見込みです。

2013/03/27

エスカレーター

20130327esc 2013年3月19日
(写真をクリックすると動画を表示します。Please click the photo to show the movie.)

大学の新しい建物にはエスカレーターがあり、バス停から自分のいる建物の1階まで上がることができます。

いまはまだ春休みで、人があまりいないので、私がエスカレーターに近づくと、私だけのために動いてくれます。つい「いやーご苦労ご苦労」といいながら乗ってしまうのですがcoldsweats01、わざわざ私だけのためにちょっと申し訳ない気もします。

2013/03/26

切り口

20130326cut

ツイッターで「こんなふうにならずに上手く切る方法を教えてください」と尋ねたら、「ハサミを使え」というリプライが立て続けに5件…はい、おっしゃる通りです(汗)

2013/03/25

弓毛の洗浄

大学の交響楽団のときの友人に、弦楽器の弓の毛はシャンプーで洗浄できる、ということを聞いて、半信半疑だったのですが、まあだめだったら毛を替えればいいや、と思ってやってみました。

20130325yumige01

コントラバスのフレンチボウは、ピチカートの時に不注意に弓を持つと、指が毛に触れて、手垢と松脂が絡まって落ちなくなってしまいます。こうなると、その上に松脂をつけてもつかなくなり、弓が滑ってしまいます。コントラバスのフレンチボウは弦楽器の弓でもっとも短いので、根元まできっちり使えないと弓の長さが足りなくなってしまいます。

いろいろ調べてみると、最近の洗髪用のシャンプーは保湿成分が入っているものが多く、それは使えないが、台所用の中性洗剤で代用できるということでした。家にあるシャンプーもリンス入りのやつだったので、台所の洗剤を使うことにしました。

洗面台にお湯を張って洗剤を入れ、弓の根元を外して湯につけて洗ってみたのですが、なかなか落ちません。かなり洗剤を濃くして、毛を一本一本指で擦って黒い垢を落とすので、かなり根気が要りますし、手が荒れます。また、弓の木や弓先にも洗剤がかかってしまうので、この弓はカーボン製の安いやつだからいいですが、よい木で作られた高い弓ではやめたほうがいいと思いました。

20130325yumige02

洗浄後、キッチンペーパーの上で水気をとっています。このあと、毛を少し張って、指で梳きながら自然乾燥させました。これもかなり根気が要ります。

20130325yumige03

乾燥後のようす。新品同様とはいきませんが、手垢のついた状態よりは松脂はつきやすくなり、滑らなくなりました。

結論としては、一応洗浄はできますが、お決まりの「自己責任でどうぞ」としかいえません。最初に書いたように「だめなら毛を替えればいいや」と思える時だけにしておいたほうがよいと思います。

2013/03/24

前打音

20130324zendaon

写真をクリックすると動画を表示します。髭剃りの音に前打音が。

(電池切れですcoldsweats01

2013/03/23

しだれ梅

20130323shidareume

広島大学にある「枝垂れ梅」です。(3月15日に撮影)

学名は"Prunus mume f. pendula"だそうで、振り子梅?
調べてみると、ラテン語のpendulusは「釣りさげられている」という意味だそうです。

2013/03/22

御池通沿いの桜

桜の写真が続きますが、時期をはずすと意味がありませんし。今日は,21日(木)に撮影した、京都・御池通沿いの桜のようすです。この日は1ヶ月季節が戻ったように冷え込みましたが、桜は順調に咲いています。

20130322oikedorisakura01 20130322oikedorisakura02

晩秋からずっと咲いている「御池桜」(写真奥)の横にある、ふつうの桜(手前)も、だいぶ花が開いてきました。

20130322oikedorisakura03_2 20130322oikedorisakura04

「御池桜」のほうは、葉が出てきて、花は散り始めています。少しわかりにくいですが、右の写真で、奥のテーブルに花びらがのっています。

20130322oikedorisakura05 20130322oikedorisakura06

こちらは「ヨウコウザクラ(陽光桜)」という種類だそうです。こちらのページに解説があります。

20130322oikedorisakura07

花屋さんの店先にも、鉢植えの桜。オカメザクラだそうです。

20130322oikedorisakura08 20130322oikedorisakura09

市役所のそばには、こんな桜の木もあります。

2013/03/21

梅と桜

20130321umesakura01

関西大学千里山キャンパスにて。手前は梅の花で、少しわかりにくいですが奥の方(写真で左下隅)では桜が同時に咲いています。

20130321umesakura02 20130321umesakura03

それぞれの木はこんな感じです。

2013/03/20

御幸町教会の桜

20130320kyokaisakura01 20130320kyokaisakura02

京都の家のそばの「京都御幸町教会」(こちらを参照)で、桜の花が開き始めました。

20130320kyokaisakura03

根元ではひこばえを切った跡がありますが、そこにも花芽がついています。

2013/03/19

雨の車窓

20130319ame01

激しい雨の中を走る新幹線から窓の外を見たところ(写真をクリックすると動画を表示します。Click the photo to show the movie.)。ところどころ水の膜が切れたところでだけ、外が見えます。

2013/03/18

数学をとれ

20130318suugaku01

広島大学総合科学部の、きのうご紹介した旧制広島高等学校についての展示の横には、総合科学部の各教育プログラムの紹介があります。

20130318suugaku02

「数理情報科学プログラム」のものは私が作りました。「数学をとれ。21世紀は数学の時代だ」は、米国大統領を主人公とするテレビドラマ「ザ・ホワイトハウス」(日本語版)に出てくるものです。

平成25年度からはプログラムの改編があるそうで、私の作ったパネルが取り外されるのももう間もなくでしょう。

2013/03/17

旧制広島高等学校

20130317hiroshimahs01

久しぶりに広島大学総合科学部に行ってみると、総合科学部の前身の旧制広島高等学校に関する展示がありました。

20130317hiroshimahs02

パネルに書かれた解説には「卒業生の進路は、東大・京大が圧倒的に多く、全国的にも好成績の進学校でもあった」と書かれています。

広島大学は、かつて広島県にあってさまざまな高等教育機関が合併して、戦後に新制大学として発足した大学です。文学部・理学部・教育学部は広島文理科大学(高等師範学校の上にあった旧制大学で、師範学校・中学校の教員を養成した)、工学部は広島高等工業学校、総合科学部は広島高等学校がそれぞれ母体です。そして、現在でもなんとなく、学部間の力関係はこの順になっています。

総合科学部の卒業生で、この力関係に対して「広島高等学校の卒業生はみな東大や京大に進んだんだ。広島文理科大なんかより格上だよ」と言い返した人がいたとか。

2013/03/16

引き潮

20130316hikishio

広島の家の前の川。正面の広島駅方面に行くには、右と奥の2つの橋を渡る必要がありますが、これだけ潮が引いていると、川の中をまっすぐ歩いて行けそうです。

2013/03/15

オリンパスXZ-2

20130315xz201

2年ほどオリンパスXZ-1を愛用していましたが、後継機のXZ-2が出たのが気になっていました。これまで色が黒しかなかったのですが、ようやく白が発売されたので、とうとう買ってしまいました。

20130315xz202

XZ-2で撮った初写真です。これがいままで使っていたXZ-1です。まだまだ活躍してもらうので、拗ねて壊れないでね。なにしろその前のLUMIX FX500も海外旅行などで使っているくらいです。

同じ白ですが、XZ-1はツルツルした仕上げで真っ白、一方XZ-2はつや消し仕上げで少しアイボリーがかった色です。私はどっちかといえばXZ-1の仕上げのほうが好きですね。

20130315xz203

XZ-1で一番不満だったのが、マニュアルフォーカスが使いにくいことでした。XZ-2では、レンズの左下にあるレバーを引くとマニュアルフォーカスに切り替わります。レンズの周りのリングは、通常はカチカチと段階的に動いてISOや絞りなどを調節するものですが、レバーを引くと連続的に回るようになり、このリングでピント合わせができます。

20130315xz204

この機能を使っているところを動画に撮ってみました(写真をクリックすると表示します)。レバーを引くと、画面の中心部が拡大され、距離ゲージが表示されます。

20130315xz205

マニュアルフォーカスで撮った写真です。腕時計のカレンダー部分にピントが合っています。

20130315xz206

ところで、XZ-1につけたストラップが、レンズキャップのコードと絡まって、どうしても外せません…縛ったのは2年前の自分なのですが(T_T)

2013/03/14

帽子の歩行者

20130314hokousha

楽しげに歩く歩行者。こういう帽子をかぶった人、最近あまり見ませんよねえ。

(広島大学にて)

2013/03/13

北大阪変電所

20130313hendensho 2013年3月13日

関西大学総合情報学部の向かいには、巨大な変電所があります。新しい建物の3階からは、変電所の中まで見えるようになりました。変電所は、写真の左側にさらに広がっており、写真に写っている部分の倍以上の大きさがあります(航空写真)。右下に見えるのは、大学前のバス乗り場です。

この「関西電力北大阪変電所」には、黒部ダムとともに建設された黒部川第四発電所(いわゆる「くろよん」)から電気が送られており、ここから北大阪一円に電力を供給しているそうです。

2013/03/12

ドーナツを描く

20130312misdo

フレンチクルーラーを描くには、外周から内周に向かって線を描くのがコツなのだそうです。

2013/03/11

一足先に満開

20130311sakura01 20130311sakura02

京都の家のそばにある、冬咲きの桜「御池桜」が、満開になっています。今日は寒いですが天気がよく、青空に映えています。

20130311sakura03

奥(人のいるところ)に見えるのは,普通の桜です。こちらは花はまだまだです。

2013/03/10

春とネギ

20130310negi

冬の間はなかなか伸びなかったネギですが、ここ2、3日暖かかった間に一気に伸びました。しかし今日の午後から急に寒くなっています。今週は昼夜の気温差が大きな日が続くようで、体に気をつけましょう。

2013/03/09

白い空

20130309shiroi01 20130309shiroi02

今日も白い空。中学の音楽の教科書に、発声練習かなにかで「♪はるのそらはしろい」「♪あきのそらはあおい」という歌詞の歌がありました。

20130309shiroi03

天窓ごしの空も、この間に比べて白いです。

2013/03/08

Kartio by Iittala

20130308kartio01 20130308kartio02

「フィンランドのくらしとデザイン展」で買ってきた,イーッタラの"Kartio"タンブラーです。

こちらにKartioシリーズの各製品が載っています。1958年から変わらないデザインで、展示会の展示されているのと同じものをそのままショップで売っています。シンプルなデザインは、フィンランドの「質実剛健」を体現しているかのようです。

20130308kartio03 20130308kartio04

底のラベルは洗うと剥がれてしまうので、写真に撮っておきました。「タンブラー(tumbler)」のフィンランド語は"juomalasi"ですが、juomaは飲み物、lasiはグラス(glassから来た外来語)です。漢字で書けば「飲料杯」?

また、「21cl」という表記がみえますが、"cl"は「センチリットル」で、つまり「容量210ミリリットル」を表しています。あまり日本では使わない単位ですね。

2013/03/07

金貨チョコレート

20130307coinchoco01

大学の売店で、「おたま1杯30円」の駄菓子に入っていた、金貨をかたどったチョコレート。何やらドイツ語が書いてあります。調べてみると、1976年製のオーストリアの1000シリング金貨をかたどったもののようです。だいぶ絵柄が違いますがcoldsweats01

20130307coinchoco02

なぜか裏は英語…(本物はもちろんドイツ語です)

20130307coinchoco03

横にも何か書いてあるのかと思ったら、包み紙のシワでした。

20130307coinchoco04 20130307coinchoco05

中も同じ絵柄でした。包み紙を剥がすときに少し欠けてしまいました。

2013/03/06

天窓ごしの青空

20130306temmado01

大学で自分がいる建物は、中央部が吹き抜けになっていて、天窓がついています。今日は天窓越しの青空がきれいでした。

20130306temmado02

今日は黄砂が飛んで、外はこんな空だったのですが。

20130306temmado03_2

床のブルーシート(3月3日の記事参照)が映っているのではないと思いますが(笑)

1月31日の記事にもあるように、前方の空が霞んでいるときも真上は晴れて見えるようです。

2013/03/05

松明

20130305taimatsu01

叡山電車・鞍馬駅に飾られている、「鞍馬の火祭」に使われる松明です。下に写っている自販機と比べるとわかるようにかなり大きいですが、これでも「少年用」だそうです。

20130305taimatsu02

小人用は柴1束で30kg、少年用は柴2束で60kg、大人用は柴3束で120kg…計算が合わない。。。大人用は枠も大きい、とかあるのでしょうか?

2013/03/04

スズメバチの巣

20130304suzumebachi

大学で駆除された、スズメバチの巣。保健室前に展示されています。

2013/03/03

引っ越し

20130303hikkoshi02 20130303hikkoshi03 2013年2月26日

キャリアセンターと保健室が、まず最初に情報演習棟に引っ越しました。写真は、竣工式の日の夜、引っ越し準備中のキャリアセンター(左)と保健室(右)です。

20130303hikkoshi01 2013年2月27日

引っ越し作業中。現在の建物の1階に養生シートが貼られています。


2013/03/02

自分の部屋

20130227heya00 2013年2月27日

新しい建物の、自分のゼミに割り当てられた部屋のドアです。「TK212」の下にくっつけてあるのは、磁石です。

自分の個人研究室のドアは、磁石がつきません。また、ドアにも壁にも窓がなく、ドアを閉めると中のようすがまったくわかりません。このあたりは改善されました。

2013/03/01

定礎

20130301teiso01 2013年2月28日

情報演習棟の定礎板です。日付が「平成二十五年一月」となっていますが、学長先生が揮毫されたのが1月ということなのでしょうか。

20130226shunkoshiki02 2013年2月26日

竣工式で展示されていた、定礎箱の中身(再掲)。この翌日に、一番上の写真のようにはめ込まれました。隙間に木が挟んであり、まだ仮止めのようですが、正式に閉じられると、この建物が取り壊されるまで開けられない「タイムカプセル」になります。

20130301teiso02 2013年2月28日

こんな標識もできました。

フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

浅野晃のサイト

無料ブログはココログ