« 三日月スライス | トップページ | フィンランドの椎茸 »

2013/02/16

冬の台風

20130216myrsky01

フィンランドにいた1995年1月に、台風がやってきた時の新聞記事です。この台風は、ドイツやオランダでは洪水を引き起こしましたが、フィンランドでは気温-10℃で20m/sの風が吹き、吹雪に加えて積もった雪が舞い上がって、視界がまったくなくなってしまいました。

記事の見出しは「フィンランドは嵐の後の片付けをしている」です。写真のように、屋根が剥がれる被害が多発しました。私は学生向けの高層アパートに住んでいましたが、やはり屋根が剥がれて、修理にクレーン車が来ていました。

20130216myrsky02_2

上の記事のとなりには、「なぜ気象庁は嵐を予報しなかったのか?」という記事が出ていました。気象庁が台風のコースを読み誤って予報に失敗したので、それについて釈明しています。

先日は、東京の雪の予報が外れて、交通の混乱にかなりの不満が出ましたが、雪に慣れたフィンランドの人にとっても、雪の予報が外れるのは不満なようです。

写真にうつっている「Miksi?(なぜ?)」というコーナーは、定期連載でした。その頃の国防大臣は女性のElisabeth Rehnさんでしたが、このコーナーに「女性は軍隊に入れないのに、なぜ国防大臣は勲章をつけているのか?」という記事が出ていました。「博物館から借りている」というような回答だったと思います。(なお、同大臣の在任中に、女性も軍隊に入れることになりました。)

« 三日月スライス | トップページ | フィンランドの椎茸 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 三日月スライス | トップページ | フィンランドの椎茸 »

浅野晃のサイト

無料ブログはココログ