« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

2013/02/28

シンボルマーク

20130226esc 2013年2月26日

竣工式のテープカットのあと、初めて建物に入ったところです。エスカレーターの横の「B1」の表示の下に、情報演習棟のシンボルマークが描かれています。

20130228symbol01 2013年2月26日

このマークです。

20130228zenkei01 2013年2月28日

情報演習棟の建物の形をシンボルマークにしています。なかなかいいセンスだと思います。

2013/02/27

新しい夜景

20130227yakei 2013年2月26日

きのうの竣工式の夜。竣工式がおわり、各階の共有スペースにも照明がつきました。最上階の奥の白い光は、どなたかの部屋。さっそく夜まで何かしている先生がいるようです。

2013/02/26

竣工式

本日、情報演習棟の竣工式が行われました。

20130226shunkoshiki01 2013年2月26日

テープカット。カットする前に、写真撮影用に「カットするポーズで静止してください」というのがあるのですね(笑)

20130226shunkoshiki02 2013年2月26日

定礎箱に入れる、今日の新聞など。二千円札もあります。

20130226shunkoshiki03 2013年2月26日

神事の前に手を清めています。お酒をふるまっているのではありません(笑)

20130226shunkoshiki04 2013年2月26日

神事が始まる前のようす。

20130226shunkoshiki05 2013年2月26日

直会でのくす玉割り。このあと、大学から設計会社・建設会社への感謝状贈呈がありましたが、両社からも大学に記念品(掛け時計)の贈呈がありました。そういう習慣もあるのですね。

2013/02/25

いよいよ明日

20130225asu 2013年2月25日

明日はいよいよ、情報演習棟の竣工式です。来賓受付などの準備が進められています。奥の白いテーブルクロスのかかったテーブル(控所)のあたりには、紅白の幕が設置されているのですが、ほとんど写っていない…

2013/02/24

これは何?

20130224jojo01_2

これは何でしょう?

続きを読む "これは何?" »

2013/02/23

梅の花

20130223ume01 20130223ume02

少し前ですが、2月15日に広島で写した梅の花です。後ろにあるのは幟町中学校の体育館で、選挙のときはここに投票に来ています。

2013/02/22

最後の足場

20120222ashiba 2013年2月22日

最後に残った足場が撤去されました。いよいよ来週火曜日には竣工式が行われます。

2013/02/21

くらま温泉

20130221kurama01

今日は休暇をとって、京都市の北部にある「くらま温泉」に日帰りで行ってきました。叡山電車の終点・鞍馬駅から送迎バスで数分のところにあります。上の写真は、温泉宿から見える杉林の景色です。

20130221kurama02

急に雪が降ってきました。

20130221kurama03

京阪電車と連絡する出町柳駅から鞍馬駅までは30分ほどですが、鞍馬駅に近づいて行くと、こんなふうに杉林の間を登って行きます。

20130221kurama04

勘でシャッターを押したら、うまく勾配標識が写せました。これは50.00‰(パーミル)、すなわち「1km進むと50メートル登る」勾配を表しています。鉄道としては非常に急な勾配です。

20130221kurama05 20130221kurama06

帰りは、もう1本待ったら、この展望電車に乗れたみたいです。残念。

2013/02/20

春の訪れ

20130220roubai01 20130220roubai02

京都・御池通、今年も春の訪れを告げる花「蝋梅」が咲き始めました。

20130220roubai03

上の写真(左)の背景に写っている建物は、生糸・酒を扱う商家だった「嶋臺」の建物で、1883年に建てられたものだそうです。現在はギャラリーとして使われています。

【参考】 SHIMADAI GALLERY KYOTO
【参考】
2012年2月22日の記事 (昨年の蝋梅)

2013/02/19

芝生養生中

20130219shibafu 2019年2月19日

少し雪が降りました。新しい建物の側は芝生養生中。

2013/02/18

雨雲の中

20130218amagumo

私たちの「天空キャンパス」は、今日は霧の中というよりも、雨雲の中にいたというほうが正しいようです。

2013/02/17

フィンランドの椎茸

20130217siitake01

フィンランドで買った椎茸の袋が出てきたので、写真をとってみました。

椎茸はフィンランドでもそのまま"siitake"あるいは"siitakesieni"(sieniはキノコ)の名前で知られており、現地で栽培されています。100グラムで9.90マルッカの値札がついています。同じ会社のマッシュルームは、200グラム入りで値段は半分くらいでした。ちょっとお高いです。

*) 1994年当時、1マルッカは20円くらいで、ユーロ発足時には約6マルッカ1ユーロと交換されました。

20130217siitake02

裏にはこのように書いてあります:

「生命の霊薬」
椎茸は元々東洋の食べ物で、現在はフィンランドでも衛生的な生育環境で栽培されています。Siitake Champは、すぐに使え、栄養価は格別です。中国や日本では、椎茸は何百年も前から「生命の霊薬」として知られています。

eliksiiriを「霊薬」と訳しましたが、要はゲームに出てくる「エリクサー」です。回復の魔法?

2013/02/16

冬の台風

20130216myrsky01

フィンランドにいた1995年1月に、台風がやってきた時の新聞記事です。この台風は、ドイツやオランダでは洪水を引き起こしましたが、フィンランドでは気温-10℃で20m/sの風が吹き、吹雪に加えて積もった雪が舞い上がって、視界がまったくなくなってしまいました。

記事の見出しは「フィンランドは嵐の後の片付けをしている」です。写真のように、屋根が剥がれる被害が多発しました。私は学生向けの高層アパートに住んでいましたが、やはり屋根が剥がれて、修理にクレーン車が来ていました。

20130216myrsky02_2

上の記事のとなりには、「なぜ気象庁は嵐を予報しなかったのか?」という記事が出ていました。気象庁が台風のコースを読み誤って予報に失敗したので、それについて釈明しています。

先日は、東京の雪の予報が外れて、交通の混乱にかなりの不満が出ましたが、雪に慣れたフィンランドの人にとっても、雪の予報が外れるのは不満なようです。

写真にうつっている「Miksi?(なぜ?)」というコーナーは、定期連載でした。その頃の国防大臣は女性のElisabeth Rehnさんでしたが、このコーナーに「女性は軍隊に入れないのに、なぜ国防大臣は勲章をつけているのか?」という記事が出ていました。「博物館から借りている」というような回答だったと思います。(なお、同大臣の在任中に、女性も軍隊に入れることになりました。)

2013/02/15

三日月スライス

20130215slice01

乱視のせいで、三日月がオニオンスライス3枚のように見えてしまいます。

20130215slice02

これは手ぶれのせいで偶然こんなふうに写りましたが、私の目で見た月はもっと広がっています。メガネをかけると多少改善されますが、私のメガネは、楽譜を見るために1.5〜2mの距離に合わせてあるので、遠くのものはあまりきっちり見えません。

2013/02/14

友達の日

今日はバレンタインデーですが、フィンランドではこの日は「友達の日(ystävänpäivä)」とよばれています。

私は、18年前の今日はフィンランドにいました。この日は、研究所員で郡会議員も勤めておられた方の招きで、「友達の日」のゲストということで幼稚園と小学校を訪問し、子供たちむけのお話をしました。

20130214ystava01 20130214ystava02

上の写真(左)は、幼稚園で話しているところを掲載した、地元の情報紙(右)の記事です。文字起こし・訳はこちらにあります。

これからしばらく後、フィンランドの教育が優れていると日本でよく話題になるようになりました。このとき幼稚園や小学校を訪ねて思ったのは、「人手がかかっている」ことでした。最初に幼稚園を訪ねたとき、なぜこんなに大人がたくさんいるのだろう、親が来ているのか?と思ったのですが、実は大人たちはみな先生でした。招いてくださった議員の方は、幼稚園では園児7人に1人以上の先生がつくことに決まっている、と言っていました。

2013/02/13

芝生の境界

20130213kyokai01 2013年2月12日

2013年1月30日の記事でご紹介したように、新しい建物の横には一度植え込みが作られましたが、とりやめとなり、芝が張られました。上の写真で、建物と木の間に境界線が見えます。建物側は新しく張られた芝で、道路側(木の周り)は前から植わっているものです(2012年5月12日の記事の写真をごらんください)。

20130213kyokai02 2013年2月12日

植え込みは、もう少し坂を下ったところに作られました。

2013/02/12

高所作業車

20130212aerial01 2013年2月12日

自分のいる建物から工事現場を見ると、またクレーンが。えっ、と思って行ってみると、高所作業車でした。

20130212aerial02 2013年2月12日

やっているのは、渡り廊下の窓枠の清掃。確かにこういう装置がないとできません。

2013/02/11

追手門学院

20130211outemon

大阪の実家のそばにここの小学校がありますが、ずっと「おってもん」だと思っていました。すみません m(_ _)m

2013/02/10

湯波半と猫

20130210neko01

路地の奥に猫。にらみあっている?

20130210neko02_2

この路地は、京都の湯葉の老舗「湯波半」のすぐとなりです。朝出勤のときに時々前を通り、写真のように店先に干してあるのを見ています。調べてみたら、ここでは湯葉を作っているだけではなく、ここで直接買うこともできるそうです。

2013/02/09

雪と御池桜

20130209oikesakura01 20130209oikesakura02

京都の家のそばにある、冬に咲く「御池桜」の写真を、これまで何度かご紹介しています。昨夜は雪になり、植え込みに少し雪が積もっていたので、今朝は「雪の積もった桜の花」の写真が撮れるかと思って行ってみましたが、それほどの雪ではありませんでした。後ろのテーブルが白くなっているのが見えます。

今冬は全般に寒いせいか、花芽はたくさんついていますがなかなか開きません。2011年12月13日の記事にある写真と比べると、花の数が全然違うのがわかります。

2013/02/08

関大の猫

20130208kandaineko

関西大学千里山キャンパスには、猫がたくさんいます。

2013/02/07

本棚設置中

20130207hondana 2013年2月6日

大学の新しい建物では、本棚の設置工事が行われています。

露出をあげて、室内を写しました。

2013/02/06

凌雲閣跡

(今回の写真は、間違って高速連写モードにしたまま撮ってしまったため寸法が小さいですが、ご容赦ください。)

「凌雲閣」というと、明治から大正時代に東京・浅草にあった展望塔で、関東大震災で崩壊した、通称「浅草十二階」が有名です。一方、大阪・梅田にも、現在の阪急梅田駅の東側に、同じ名前の展望塔があったそうです。こちらは「キタの九階」と言われていたそうで、建てられたのは「浅草十二階」よりも1年早い1889年でした。

梅田を歩いていたとき、道端の案内地図に小さく「凌雲閣跡」と書いてあるのに気づいて、見に行ってみました。(地図

20130206ryounkaku01 20130206ryounkaku02

「凌雲閣跡」の石碑と案内板です。

20130206ryounkaku03 20130206ryounkaku04 20130206ryounkaku05

この場所にはかつて大阪市立梅田東小学校があり、道路の北側の石碑のあるほうが体育館で、南側に校舎がありました。小学校の閉校後は大阪市の「梅田東生涯学習ルーム」として使われていましたが、それも閉鎖となり、入札の結果「学校法人常翔学園」(2011年2月20日の記事も参照)に売却されました。この体育館は、「一万人の第九」の練習にも使われていたそうです(こちらを参照)。

20130206ryounkaku06

道路の南側の校舎は既に取り壊され、常翔学園の新しい建物を建てる工事が進められています。また、ここの道路は梅田の東西を結ぶために拡幅される予定だそうです。

南側の跡地の向こうには、HEP FIVEの観覧車が見えます。昔も今も、高いところから景色を眺めてみたいという気持ちは変わりませんね。

【参考】「キタの九階・凌雲閣」(新之介氏のブログ「十三のいま昔を歩こう」)(写真が紹介されています。)

2013/02/05

コントラバス回転

20130205bassrensha

こんな写真を撮った理由は…ちょっと内緒です。

2013/02/04

低い月

20130204tsuki

低い空に出ている月や太陽は、非常に大きく見えて、ある意味不気味です。これは眼の錯覚だそうですが、どのようにしてこの錯覚が生じるかには諸説があるようです。

このように写真に撮ってしまうと、直接見たときほど不気味ではありません。これも不思議といえば不思議です。

(2013年1月28日 けいはんなプラザ前で撮影)

2013/02/03

アイスアリーナ開放

20130203skate01

今日は大学の「アイスアリーナ」開放に行ってきました。今日のは、いままで参加した労働組合の行事ではなく、大学主催の行事なので、学生も来ています。

以前の記事で、総合情報学部前の国旗掲揚台には何の旗もあがったことがなかったと書きましたが、アイスアリーナには国旗と大学旗が掲揚されています。

20130203skate02

スケート部員の模範演技です。

2013/02/02

鍋キューブ

20130202nabecube01

今はだいぶ事情が違うと思いますが、1994年にフィンランドに行った頃、ちょっと困ったのは「夕食は自炊が当たり前」ということでした。夜に外食しようとすると、あらたまったレストランかファーストフードになってしまいます。

そこで、スーパーにクノール社の「世界のスープ」という粉末スープがあったので、それを日替わりで買ってきて、魚の切り身と野菜を適当に入れて煮込むという、あやしい料理を毎日作って食べていました。

最近単身生活をするようになって、そのことを思いだしたのですが、粉末スープというのが見当たらず、レトルトに入った液体のものばかりです。まあそれでもいいし、「北欧風サーモンスープ」というのを見つけて作ってみたこともあるのですが。そう思っていたら、見つけたのがこの「鍋キューブ」で、粉末スープを塊にしてあるものです。

20130202nabecube02

作ってみた「あやしい煮込み料理」。フィンランドのスーパーで買える食材を思いだして、椎茸ではなくマッシュルーム、白菜ではなくタマネギを入れました。

2013/02/01

ライトアップ

20130201kansei01 2013年1月31日

大学の新しい建物はほぼ完成し、作業員はほとんどいなくなりました。長い間おつかれさまでした。

20130201kansei02 2013年1月31日

検査が始まるのでしょうか。

20130201kansei03 2013年1月31日

正面ではライトアップも始まりました。

2月26日には竣工式が行われ、物品の搬入の後、3月9日から教員・学生が使えるようになります。

フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

浅野晃のサイト

無料ブログはココログ