« けいはんなフィルハーモニー管弦楽団演奏会 | トップページ | アグスさん来訪 »

2012/12/10

宮嶋麻衣主演映画「とめ子の明日なき暴走」

20121210sign

2007年秋のNHK連続テレビ小説「ちりとてちん」にはまって以来、主人公の幼なじみ・野口順子を演じた宮嶋麻衣さんが、ちょっと気になっています。

宮嶋さんの主演映画「とめ子の明日なき暴走」(吉浦敦博監督)の上映が、大阪・九条の「シネ・ヌーヴォ」で始まりました。初日の12月8日土曜日には、監督と出演の宮嶋さん・中嶋悠耶さんの舞台挨拶があると聞いて、翌日出演する演奏会の最終練習を終えたあと、映画館に向かいました。

舞台挨拶のあと、「監督と宮嶋さん・中嶋さんは、上映後ロビーで待機しておられますので、映画の感想等お話しください」という案内があったので、上映後行ってみると、ちょうど宮嶋さんが客との話を終えて手空きになっておられました。そこで、翌日の演奏会の楽譜を出して、明日演奏するんです、といっていただいたのが、上のサインです。ご丁寧にも「ぜったいうまくいく!!」と書いてくださいました。

映画は、詳細は書きませんが、登場人物たちの「PTSD」の話です。映画の終結部で、宮嶋さん演じる山田愛美=とめ子が見せる最高の笑顔が、この話の最後に差す光明を表しているようでした。(と、宮嶋さんに感想をお話ししたんですが、うまく言えてたかなあ) 

演奏会は、幸いうまくいきました。サインをしていただいた楽譜は、ヒンデミット「高貴な幻想」のパート譜の裏表紙です。この曲も、混沌とした瞑想の場面に始まり、最後は輝かしい光明で終わります。というより、クラシック音楽というのは基本的に「不安や混沌と、その解決」という構造を持っていると思います。

ところで、日曜日の演奏会では、舞台での演奏の他、開演前の「ロビーコンサート」の弦楽四重奏にも出演しました。土曜日の練習の後、私はコントラバスを預けて帰ったのですが、四重奏の後の3人は、その後も場所を変えて練習していたそうです。申し訳ありませんでした m(_ _)m いただいたサインのおかげで上手く行った、ということにして許してください(汗)

« けいはんなフィルハーモニー管弦楽団演奏会 | トップページ | アグスさん来訪 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« けいはんなフィルハーモニー管弦楽団演奏会 | トップページ | アグスさん来訪 »

フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

浅野晃のサイト

無料ブログはココログ