« ついに建物現る | トップページ | 2012年の御池桜 »

2012/12/28

新飯塚駅

私は、福岡県飯塚市の九州工業大学情報工学部に、平成4年4月から平成10年3月まで勤めていました。先日は、九州工業大学交響楽団第20回演奏会に出演するため、ほぼ10年ぶりくらいに飯塚を訪ねました。

20121228shiniizuka

飯塚市の代表駅である新飯塚駅の、夜9:40のようすです。人や車はあまり通りません。

自分のいたころは、まだ電車ではなくディーゼルで、駅舎もこういう立派なやつではなく、正面に古い小さな建物があっただけでした。また、今は裏側(東側)にも出入り口がありますが、当時はこの正面の出入口しかありませんでした。

駅は立派になりましたが、街は発展しているかというと、そうともいえない状況です。当時と比べるとマンションが増え、炭坑廃止以来の人口減による過疎化は止まってきているそうですが、商業施設はスカスカで、目立つのパチンコ店と中古車店ばかり。「都市」かといわれると、やはり違うと言わざるをえません。

« ついに建物現る | トップページ | 2012年の御池桜 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ついに建物現る | トップページ | 2012年の御池桜 »

浅野晃のサイト

無料ブログはココログ