« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

2012/12/31

大晦日

大晦日です。
今年は、管弦楽への復帰を本格的に果たした1年でした。

1998年に広島に移ってからは、他のことに興味があったり、心の余裕がなかったりで、楽器はほとんどやっていませんでした。関西に移る直前の2011年8月に東広島交響楽団に参加して、久々に演奏に復帰しました。

東広島交響楽団は、演奏会ごとにメンバを集めて集中練習で本番にのぞむ楽団なので、2012年1月の演奏会にも出ました。しかし、2011年9月に関西に戻る時には学生時代の友人たちから管弦楽団へのお誘いも受けていましたが、戻ってみると新規の講義など慣れない仕事が続き、管弦楽どころではありませんでした。

復帰のきっかけは、昨年の大晦日に3月の京都室内管弦楽団演奏会のエキストラ出演のお誘いをいただいたこと。その直後、6月のけいはんなフィルハーモニー管弦楽団演奏会のエキストラに呼んでいただき、その後同楽団に入れていただいて、毎週練習する管弦楽団に復帰しました。

その後もエキストラ出演があって、今年は楽しくすごさせていただきました。これも皆様との交流のおかげで、深く感謝申し上げます。

間もなく年越しです。皆様どうぞ良いお年をお迎えください。

今日は広島にいます。今日は月がきれいです。

20121231tsuki

2012/12/30

教会の飾り付け・2012

広島の家の近くのカトリック幟町教会には、クリスマスの時期にイエス様誕生の飾り付けが出ます。

20121230kyokai01 2012年11月30日

クリスマスの前は、生まれたばかりのイエス様の人形が入っていません。12月21日に見たときもそうでした。

20121230kyokai02 2012年12月25日

25日には入っていました。そういうものなのでしょうか?この教会の飾り付けについては、2008年12月28日2010年1月2日の記事にも書いていますが、どちらもクリスマスよりも後でした。

2012/12/29

2012年の御池桜

去年もご紹介しましたが、京都市の京都御池中学校横に、冬に花を咲かせる珍しい桜の木があります。

20121123sakura 2012年11月23日

晩秋、桜の葉が落ちる頃、花が咲きはじめます。

20121229sakura01 2012年12月26日

1ヶ月後、葉がすべて落ち、花がきれいに咲いています。

20121229sakura02 2012年12月26日

これからたくさん咲きそうです。

2012/12/28

新飯塚駅

私は、福岡県飯塚市の九州工業大学情報工学部に、平成4年4月から平成10年3月まで勤めていました。先日は、九州工業大学交響楽団第20回演奏会に出演するため、ほぼ10年ぶりくらいに飯塚を訪ねました。

20121228shiniizuka

飯塚市の代表駅である新飯塚駅の、夜9:40のようすです。人や車はあまり通りません。

自分のいたころは、まだ電車ではなくディーゼルで、駅舎もこういう立派なやつではなく、正面に古い小さな建物があっただけでした。また、今は裏側(東側)にも出入り口がありますが、当時はこの正面の出入口しかありませんでした。

駅は立派になりましたが、街は発展しているかというと、そうともいえない状況です。当時と比べるとマンションが増え、炭坑廃止以来の人口減による過疎化は止まってきているそうですが、商業施設はスカスカで、目立つのパチンコ店と中古車店ばかり。「都市」かといわれると、やはり違うと言わざるをえません。

2012/12/27

ついに建物現る

20121227arawaru01 2012年12月26日

渡り廊下もふくめて防護シートがはずされ、ついに建物が姿を見せました。

20121227arawaru02 20121227arawaru03_2 2012年12月26日

定点観測している側も、シートが外されました。




2012/12/26

大阪大学交響楽団第100回定期演奏会

20121226handaioke100

今日は、母校の「大阪大学交響楽団」の、記念すべき第100回定期演奏会を聴きに、ザ・シンフォニーホールに行ってきました。私は、同じ場所で開かれた第50回定期演奏会に出演しました。あれからもう25年がたちました。今回出演している団員たちのほとんどは、第50回のときにはまだ生まれていなかったわけです。私も年をとったはずです。

今日の曲目は、ブラームス「大学祝典序曲」・フォーレ「ペレアスとメリザンド」・ベルリオーズ「幻想交響曲」でした。アンコールとして、「幻想交響曲」の終結部がもう一度演奏されました。

前から話には聞いていましたが、現在阪大オケの団員は約200人もいて、曲ごとに出演者が大きく入れ替わるような状態です。自分がいた頃に比べて弦楽器が大変充実しており、パンフレットによるとヴァイオリン奏者だけで50人いるそうです。演奏を聞いても、弦楽器の充実ぶりがわかりました。ただ、これも前に団員から聞いたことですが、私のように大学に入って楽器を始めたような人は、出演どころか入部するのすらなかなか難しいみたいです…coldsweats02

ちょっと残念だったのは、客入りが悪かったこと。3階席とステージ後方席はまるまる空席でした。年末とはいえ平日の17:30開演は無理があったかもしれません。第100回の節目にしては曲目が地味、という声もあるOBから聞きましたが、現団員の皆さんにとっては、第100回だからといっていたずらにお祭り騒ぎするのではなく、過去は過去として、未来に向かって進もうという意志の現れなのかもしれません。

2012/12/25

遅い日の出

12月22日から24日まで、福岡県飯塚市のホテルに2泊しました。

23日の朝7時20分、ホテルの朝食に行って感じたのが、外が薄暗いこと。福岡は日本の西の方なので、もともと日の出も日の入りも遅いです。ただ、飯塚は盆地の地形と気候のせいか、太陽が顔をだすのはさらに遅いと、住んでいた時にも感じていました。

20121225hinode01

朝7時40分ごろになって、ようやく太陽が顔を出し、日がさしてきました。太陽を写そうと、カメラを部屋にとりにいって、絞りをしぼってどうこうとあたふたやっていたら、シャッターをおす寸前に太陽が上の厚い雲に隠れてしまいました。それが上の写真で、7時57分のようすです。

20121225hinode02

実際は、こんな感じの明るさです。

【追記】 国立天文台のサイトで、12月23日の飯塚市の日の出時刻を調べると、7時19分でした。日の出時刻は「太陽の上の縁が地平線に接する時刻」ですから、飯塚市を囲む山やそのあたりの雲をこえて太陽が顔を出すのはだいぶ後、ということがわかります。なお、同じ日の東京の日の出は6時48分、大阪は7時2分です。なお、那覇の日の出は7時13分で、飯塚よりもずっと西にありますが同時にずっと南にあるので、飯塚よりも早いです。石垣島でようやく7時23分になります。

私が飯塚に住んでいた頃、夏時間を導入する議論があって、福岡の地元紙「西日本新聞」に「これでさらに時計を1時間進めたら、九州では朝は暗い中を出勤登校しなければならなくなる。どうしても夏時間を導入するなら、九州は日本標準時とは別の「九州標準時」にしよう」という記事が出たことがあります。

2012/12/24

八木山峠

20121224yakiyama01 2012年12月24日 7:50

飯塚市のホテルから西側を見たところです。飯塚と福岡市方面の間に、まさに「立ちはだかって」いるのが、八木山(やきやま)峠。今朝は雪で、峠では冬タイヤ規制が行われていました。飯塚市内でも、国道201号線の橋の上に雪が積もっています。

20121224yakiyama02 2012年12月24日 9:05

1時間後、雪が止み、峠がよく見えるようになりました。

筑豊地方を舞台とする小説「青春の門・筑豊篇」の最後は、主人公がオートバイで飯塚を去るとき、八木山峠からふり返って飯塚の街を見下ろす場面でした。ただ、八木山峠の頂上は平たい高原になっていて、展望台は飯塚側からの上り坂の中腹にあります。天皇陛下が若い頃にここに来られたそうで、写真が飾ってありました。

飯塚は典型的な盆地で、西の福岡へは八木山峠、南の筑紫野へは冷水峠、東の田川へは烏尾峠と三方を峠に囲まれています。北の北九州市方面だけは、遠賀川に沿って、険しい峠もトンネルも通らずに行くことができます。飯塚に住んでいた頃、妻は「まるで、飯塚を出るのに関所があるみたい」と言っていました。

2012/12/23

九州工業大学交響楽団第20回記念演奏会

今日は、九州工業大学交響楽団第20回記念演奏会に出演させていただきました。合唱付きの豪華で楽しい演奏会でした。1992年に私が九州工大に就職したころに発足した小さな交響楽団が、こんな立派な演奏会を開くまでになったのに感動しました。この演奏会に出演することができて、本当によかったです。

さて、恒例の「演奏しているふりの写真」。

20121223ensoukai_2

今回は、楽器の真横から撮ってもらいました。私は、こんなふうに楽器の前に体を乗り出して弾いています。腕の短さをカバーするために、こんな弾き方をするようになりました。

ところで、今回の演奏会では、ふだん楽団の学生を指導してくださっている、プロ奏者の北崎千代佳さんと一緒のプルトで演奏しました。プロの方と一緒に弾くのは大学2年生の時以来で、かなり緊張しました。

一緒に弾いて思ったのですが、自分の発音がどうも不明確というか遅れがちというか。打ち上げの席で北崎さんにそのことを話してみたら、右ひじに余計な動きがあるため、上腕の動きと弓の動きに時間差ができているのではないか、と指摘されました。一緒に弾いただけでなく、レッスンまでしてもらってしまいました (^_^;)

いま一度、基本的な腕の動きを練習してみようと思います。その過程で、上の写真のような弾き方も変わるかもしれません。

2012/12/22

続・夜の工事現場

20121222kouji 2012年12月19日

夜の工事現場。中を少し見ることができます。

2012/12/21

腕時計

20121221tokei

今日12月21日は、私の誕生日です。きのう夜遅くに広島駅に着いたとき、腕時計のカレンダーが21日に変わっていくところだったので、写真に撮ってみました。世の中デジタルが多くなって、「変化の途中」を見ることが少なくなったように思います。

この腕時計は、亡父の形見です。特別高級なものではありませんが、小さくて非常に軽いのが私好みです。ただあまりに軽いので、つけているのかどうかを忘れることがあり、置き忘れて焦ったことが今まで何度かありましたcoldsweats02

父が本当に大切にしていたのは、会社から勤続25年表彰でもらったオメガの金時計です。父が亡くなった後、母は私に「金時計も使う?」と言ってくれました。ですが、私が子供のころ父が「25年勤めたら金時計がもらえる」とずっと励みにしていたのを思いだして、譲り受けるのは辞退しました。

私はあまり高い腕時計をつけたことはないので、ぶつけて壊してしまったら父に申し訳ないですし。
父の金時計は、母のもとで大切に保管されています。

2012/12/20

続・その後の工事現場

20121220kouji01_2 20121220kouji02 2012年12月3日

20121220kouji03 2012年12月6日

一方の側は、新しい建物が姿を現しました。

2012/12/19

その後の工事現場

しばらく写真日記を休んでいた間の、大学の工事現場のようすです。

20121219kouji01 20121219kouji02 2012年11月19日

20121219kouji03 2012年11月19日

長らく資材運搬に活躍したクレーンが、このあとの連休の間に解体されました。

20121219kouji04 20121219kouji05 2012年11月27日

解体後のようす。小さなクレーンに変わりました。右の写真奥に、新しい建物が、保護シートを外されて姿を現しています。渡り廊下の工事も進んでいます。

2012/12/18

半影月食

20121218gesshoku01

もうずいぶん前ですが、先月28日に、地球の淡い影に月が入る「半影月食」がありました。この写真は、その日の月を、日本キリスト教団京都御幸町教会の前で写したものです。

20121218gesshoku02

これは、翌日に広島で写したものです。残念ながら、違いはわかりませんでした。。。

2012/12/17

だし道楽

20121217dashi

広島市の中心街に、飲み物の自販機と並んで、なぜか「だし」の自販機が。アゴ(トビウオ)が丸ごと入っています。

2012/12/16

線路にネット

20121216net

JR琵琶湖線栗東駅にて。右側の線路が米原方面から京都方面に向かう下り線、左側が上り線です。夜なので見づらいのですが、右側の下り線だけ、線路の間にネットが張ってあり、ところどころ重しをしてあります。

これは、雪の多い米原方面から来る列車についた雪が、この辺りで融けて路盤に落ち敷石を弾き、列車や周囲のものに当たるという事故があるため、それを防ぐものだそうです。

2012/12/15

滋賀医科大学管弦楽団演奏会

今日は、滋賀医科大学管弦楽団演奏会に出演しました。雨の中、ご来場くださいました皆様、ありがとうございました。

20121215ensoukai02

開場前のようすです。こういう大規模なオーケストラに出演するのは久しぶりです。

20121215ensoukai

恒例の「弾いているふり」写真、今日は後から。いつもこういうかっこうで椅子に腰掛けています。

2012/12/14

フレシャーチク関大前

20121214khreshchatik

関西大学千里山キャンパスそばにある、不思議な名前の学生アパート。調べてみると、これはウクライナ語で、ウクライナの首都キエフの大通りの名前だそうです(綴りはХрещатик)。

このアパートの名前を電話で言って、わかってもらえるかなぁ。

2012/12/13

ベストテン方式

20121213bestten02 20121213bestten01

近鉄京都線・竹田駅の、行先表示板です。この駅で、京都市営地下鉄が合流して近鉄に乗り入れます。奈良方面行きのホームでは、1番線には近鉄京都駅から来る電車が、2番線には地下鉄から来る電車が、それぞれやってきます。そのため、行先表示板も、1番線は近鉄のもの、2番線は地下鉄のものになっています。

最近はフルカラー液晶画面のものが増えましたが、ここでは近鉄は、上下に分かれた板がパタパタとめくれる方式のものを使っています。この方式を、「ベストテン方式」と言った人がいます。かつて人気のあった歌番組「ザ・ベストテン」で使われていたからですが、私たちの世代には大変よくわかる言い方です。(正式にはなんというのでしょう?)

[追記]FBで教えてもらったところによると、「反転フラップ式」あるいは「ソラリー式」というそうです。Wikipediaの当該記事には「ザ・ベストテン」へのリンクが(笑)

2012/12/12

電車が発車します

20121212platform

夜11時前の京阪淀屋橋駅。夜は使っていないホームに点滅し続けている「電車が発車します」の文字。なんか怖い… ((・ ・;)))

2012/12/11

アグスさん来訪

20121211agussan

広島大での私の教え子であるAgus Zainal Arifinさん(インドネシア・スラバヤ工科大学情報学部長)が、国際会議出席のため来日した機会に、11月22日に大学でゼミの学生に講演をしてくださいました。

Agusさんが、日本とインドネシアの学生の違いについて言っていました。「日本とインドネシアでは反対だ。日本の小学生は活発に発言するが、インドネシアの小学生はおとなしい。インドネシアの大学生は活発に発言するが、日本の大学生はおとなしい。」 うーむ…

2012/12/10

宮嶋麻衣主演映画「とめ子の明日なき暴走」

20121210sign

2007年秋のNHK連続テレビ小説「ちりとてちん」にはまって以来、主人公の幼なじみ・野口順子を演じた宮嶋麻衣さんが、ちょっと気になっています。

宮嶋さんの主演映画「とめ子の明日なき暴走」(吉浦敦博監督)の上映が、大阪・九条の「シネ・ヌーヴォ」で始まりました。初日の12月8日土曜日には、監督と出演の宮嶋さん・中嶋悠耶さんの舞台挨拶があると聞いて、翌日出演する演奏会の最終練習を終えたあと、映画館に向かいました。

舞台挨拶のあと、「監督と宮嶋さん・中嶋さんは、上映後ロビーで待機しておられますので、映画の感想等お話しください」という案内があったので、上映後行ってみると、ちょうど宮嶋さんが客との話を終えて手空きになっておられました。そこで、翌日の演奏会の楽譜を出して、明日演奏するんです、といっていただいたのが、上のサインです。ご丁寧にも「ぜったいうまくいく!!」と書いてくださいました。

映画は、詳細は書きませんが、登場人物たちの「PTSD」の話です。映画の終結部で、宮嶋さん演じる山田愛美=とめ子が見せる最高の笑顔が、この話の最後に差す光明を表しているようでした。(と、宮嶋さんに感想をお話ししたんですが、うまく言えてたかなあ) 

演奏会は、幸いうまくいきました。サインをしていただいた楽譜は、ヒンデミット「高貴な幻想」のパート譜の裏表紙です。この曲も、混沌とした瞑想の場面に始まり、最後は輝かしい光明で終わります。というより、クラシック音楽というのは基本的に「不安や混沌と、その解決」という構造を持っていると思います。

ところで、日曜日の演奏会では、舞台での演奏の他、開演前の「ロビーコンサート」の弦楽四重奏にも出演しました。土曜日の練習の後、私はコントラバスを預けて帰ったのですが、四重奏の後の3人は、その後も場所を変えて練習していたそうです。申し訳ありませんでした m(_ _)m いただいたサインのおかげで上手く行った、ということにして許してください(汗)

2012/12/09

けいはんなフィルハーモニー管弦楽団演奏会

今日は、けいはんなフィルハーモニー管弦楽団演奏会に出演しました。前回(6月)はエキストラとしての出演でしたが、今回は初めて団員として出演しました。寒い中お越しいただいた皆様、ありがとうございました。

恒例の「弾いているふり」写真です。今回は開演前のロビーコンサートにも出演したため、着替えてから撮影する時間はなかったので、リハーサル直後に撮影しました。

20121209ensoukai01

実をいうと、「コントラバスを弾いているときは、周りを寄せ付けないような雰囲気でコワい」と言われることがあります。こんなに(´・_・`)な人間のつもりなのになぜ、と思っていたのですが、写真を見てちょっと納得してしまいました。確かにちょっと表情険しい…

さて、今回は、都合があわず出演できなかった団員から、5弦コントラバスを借りて演奏しました。通常の4弦コントラバスが出せる一番低い音は、ヘ音記号の五線譜の下に線を1本追加したEの音(実音はさらに1オクターブ下)ですが、5弦のものは下に2本追加したC、またはその下のHの音まで出すことができます。

ただし、弦が1本多いわけですから指板の幅や厚みが大きく、また低い音をよく響かせるために胴体も大きく作られています。腕が短く手の小さい私には、正直いって弾きにくい楽器です。ただ、この楽器は自分の楽器と同じメーカーのものだったので、心配したほど弾きにくくはありませんでした。

上の写真では椅子に座って弾いていますが、一番下の弦を弾くときは、左手で楽器を外側に少し回して、やっとのことで演奏しています。

20121209ensoukai02

今回演奏した曲のなかで、ヒンデミットの組曲「高貴な幻想(Nobilissima Visione)」では、5弦コントラバスが大活躍します。上はコントラバスの楽譜の一部で、真ん中の段の旋律は5弦の楽器でなければ弾けません。この部分は、他の弦楽器もほぼ同じ旋律を弾いています。第1ヴァイオリンとコントラバスの間の間隔は5オクターブと5度に達し、ヴァイオリンの旋律にコントラバスの「空気の振動による陰影」がついたような響きになります。

2012/12/08

電車の文字

20121208moji

JR学研都市線祝園駅に止まっている電車です。電光掲示の文字、写真では途中で切れてしまってみにくいのですが、ちょっと字体が不格好な気がするのですが…

2012/12/07

コネクタ

20121207hdd

ポータブルハードディスクを使っていますが、コネクタが緩くてすぐ抜けるので困っていました。そこでふと気づいたのが、紙を挟めばよいということ。それでふつうに使えるようになりました。

昔なら、たてつけの悪いドアに紙を挟んだり、すぐ思いつくことでしたが…デジタル機器だとなかなか思いつきませんでした。かつて当たり前に持っていた感覚が鈍っているのでしょうか。

2012/12/06

つ、ついに…

20121206garigarikun

つ、ついに、当たりました!

いやどういうことかというと。

私は、コーラ自体はそれほど飲みませんが、コーラ味のお菓子が好きです。大学の生協に、コンビニ等ではあまり見かけない「ガリガリ君・コーラ味」が入っていたので、夏はよく買っていました。

しかし、当たりが出ません。数学の講義(実は受講生2名)の雑談で、ガリガリ君コーラ味が好きだという話をちょっとしたことがあります。しばらくたって、「なかなか当たらない」という話をしたら、学生の1人が「前に先生の話を聞いて、ガリガリ君コーラ味を買ったら、当たりました」と。きみのせいだったのかーorz

なかなか当たらないので意地になって買い続けている間に、冬になってしまいました。それでも今日も買ったら、生協のおばちゃんに「先生、もうあきらめたら…」と言われてしまい、「そうですねえ、今日で最後にしましょうか」と言ってたとたんに、ついに当たりが!

さて、問題はこれを明日交換するかどうかなのですが…やっぱり来シーズンにまわしましょうかcoldsweats01

2012/12/05

粒入りコーンスープ

20121205tsubu

きのうの帰り道に、駅のコンビニで缶の粒入りコーンスープを買った時、ふと「粒入りコーンスープの飲み口の下を少し凹ませておくと粒を残さず飲める、と流体力学の先生が言ってた」というツイートを思い出してやってみました。

これは本当でした。液体のスープを飲み終わった後、たいてい飲み口のところにひと粒ひっかかるのですが、吸い出すとすぐ出てきました。

この話と写真をツイートすると、恐ろしい勢いでリツイートされ、1日たったいまも続いています。その過程で、この話がついこの間話題になっていたことを知りました。

こちらの記事なのですが、飲み口と凹みの間に粒がたまる、という説明は違うと思いました。こちらの方のツイートにあるように、飲み口のところに渦ができて粒が持ち上がるのだと思います。だから、缶の中の液体がなくても、飲み口を吸うと空気の渦ができて、粒が持ち上がって出て来たのでしょう。

今日、対照実験をしようと思って、別のメーカーのやつを缶を凹まさずに飲んだら、粒がひっかからずに出てきました。ありゃりゃ。ただここのメーカーのは元々粒が少ないと思います。

2012/12/04

岸辺駅と吹田信号場

20121204suitae 20121204suitaw

JR京都線の岸辺駅ホームと駅北口を結ぶ長い長い通路から、東側(写真左)と西側(写真右)を見たところです。[航空写真と地図] 駅の通路の下にたくさん線路が通っていますが、ここは岸辺駅の通路の下にありながら、岸辺駅ではなく「吹田信号場」なのだそうです。

ここはかつては「吹田操車場」とよばれていて、貨物列車が集められて組み替え作業が行われていました。梅田貨物駅の廃止と跡地開発(いわゆる「うめきた」開発プロジェクト)のため、ここに再び「吹田貨物ターミナル」が建設されており、来年3月に開業するそうです。

2012/12/03

談話室の椅子

20121203chair01 20121203chair02

兵庫県立大学応用情報科学研究科の建物の、玄関脇にある談話室。この椅子では、居眠りはできなさそうです。

2012/12/02

京コンピュータ前駅

11月20日の講演は、神戸市のポートアイランドにある、理化学研究所のスーパーコンピュータ「京」に隣接する兵庫県立大学大学院応用情報科学研究科が会場でした。

20121202kcomputer01

最寄り駅の、ポートライナー「京コンピュータ前駅」です。新たに造成された埋め立て地の、何もないところに建設されたからか、通常の高架駅よりも低いところに建設されているようです。

20121202kcomputer02

ローマ字表記は「K Computer Mae station」です。何語でしょうcoldsweats01 なお、"K Computer"は「京」の正式な英語名です。

20121202kcomputer03

ポートライナーの路線案内図です。ふつうの地名のついた駅は、両端の「三宮」と「神戸空港」だけです。海の上に新たに造った陸地の上を走っているのですから、それも当然ですね。

2012/12/01

ポートアイランド

20121201portisland

神戸ポートピアホテル30階から見た、神戸・ポートアイランドの南側(海側)の夜景です。この周辺で博覧会「ポートピア'81」が開かれたのは、その名の通り1981年、私が高校生の時でした。ホテルもこの時に建てられたので、もう30年以上を経ています。

写真の手前のほうの暗い部分が「南公園」で、当時は陸地はここまでで、その先は海でした。当時は、名前の通りポートアイランドの南にある公園で、その東側(写真の外、左側)には遊園地「ポートピアランド」があり、海辺に大きなジェットコースターがありました。

ポートアイランドはその後大きく拡張され、南公園はいまはポートアイランドの真ん中あたりになっていて、さらにその先に神戸空港の人工島が造られています。この夜景を見ると、30年の時間を感じます。なお、ポートピアランドは閉園となり、跡地にはIKEAが出店しています。

地図もご参照ください。

(2012年11月20日撮影)

フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

浅野晃のサイト

無料ブログはココログ