« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

2012/08/27

【おことわり】9月2日まで休みます

夏休みのため、9月2日まで休みとさせていただきます。ご了承ください。

2012/08/26

競艇場前駅

20120826kyoteijo

広島電鉄宮島線で、終点の宮島口駅から広島駅行の電車で出発するとすぐに、「競艇場前」という駅を通ります。この駅は、競艇開催中のみ乗り降りできる臨時駅で、路線図には出ていません。

上の写真は、競艇場前駅を過ぎたところで駅のホームを写したものです。写真に写っているホームは、高さの高いホームで、いまは使われていません。

かつては、宮島線には床の高い郊外電車が、市内線には現在と同様の床の低い路面電車が使われていました。その後、宮島線の駅に路面電車用の低いホームが作られて、路面電車が宮島線に入ってくるようになりました。現在では、床の高い電車は廃止されて路面電車だけになったので、高いホームはほとんど残っていません。

2012/08/25

宮島フェリー

20120824miyajimaferry02

2012年8月22日朝9時すぎ、宮島フェリーからの眺め。船から本土側を見たところです。海に浮かんでいるのは、牡蛎を養殖している筏です。

20120824miyajimaferry01

フェリーから見た厳島神社の大鳥居。2社あるフェリーのうち、JRのフェリーは、昼間時間帯は大鳥居に接近してくれます。

JRの宮島フェリーは、現在はJR西日本の子会社の経営となっていますが、元々は青函航路などと同じく、国鉄直営の「国鉄宮島航路」でした。現在もJR線の一部として扱われているため、青春18きっぷなどのJRの切符で乗ることができます。また、本土側の桟橋はJR宮島口駅の一部とされており、宮島側の桟橋は、正式には「宮島駅」という「線路のない駅」です。

2012/08/24

20120824hand

私の左手。せいいっぱい開いて、これだけしか届きません。

私は背は高い(182cm)ですが、手は小さいし、足も26.5cmとそれほど大きくはありません。そもそも私は、生まれた時からずっと大きかったのではなく、幼稚園に入った時には背の順で前から4人目、小学校卒業の時は真ん中くらいでした。

手足を見ると、本当はこんなに背が高くなるはずではなかったのかも?と思ってしまいます。

2012/08/23

厳島神社のふぐ

20120823fugu02

ゼミの学生を、厳島神社に案内してきました。ちょうど潮が満ちてくるところでした。

20120823fugu01

ふぐが泳いでいました。(写真をクリックすると動画を表示します。  Please click the above photo to show the movie. )

ふぐはあたりにたくさんいて、大阪の学生は「なんかレア感がない…」と言ってました。いや、食べる時の値段が高いだけで、瀬戸内にはふつうにいますけどcoldsweats01

2012/08/22

絵筆で描いたような空

20120823sora01

絵筆で描いたような空。

小学校の写生の時、曇り空だったので、空には何も描かずに「白い空だったので何も描きませんでした」といって提出したら、先生に「白い空などありません」と叱られましたcoldsweats01

20120823sora02

右上のほうに月が写っています。

2012年8月22日午後5時半ごろ、広島にて。

2012/08/21

新幹線でコーヒー

20120821coffee

最近、新幹線に乗ると、車内販売のコーヒーをよく買っています。列車の振動でできる水面の波紋がきれいだと思いました。(写真をクリックすると動画を表示します。 Please click to show the movie. )

2012/08/20

道頓堀川

20120821dotonbori

ここに長さ800mのプールですか。はあ。

最初に道頓堀川水泳大会の話が出た時は、「泳げるくらいきれいにしよう」という話ではなかったですかね。

2012/08/19

車内から虹

20120819niji

今日の夕方、神崎川を渡る地下鉄御堂筋線の車内から。

2012/08/18

新幹線地下へ

20120818shinkansen

山陽新幹線の上り列車が東広島駅を過ぎると、平地の地下に降りてトンネルに入って行きます。2011年12月15日の記事でこのときの動画を載せていたのですが、なぜかうまく再生されません。以前よりもきれいに撮影できたので、ここに掲載します。(写真をクリックすると動画を再生します。 Please click to show the movie. )

このトンネル(竹原トンネル)の入口を外から見たところは、2011年4月24日の記事でご紹介していますので、よろしければご参照ください。

2012/08/17

氷冷

20120817hyourei

広島駅の新幹線ホームで列車を待っていると、駅員さんに「氷冷」と書いたウェットティッシュをもらいました。

これはありがたいと思って顔を拭くと…ミントの揮発でひーーーcoldsweats02

2012/08/16

五山送り火

8月16日は、京都の五山送り火の日です。私は京都に近い大阪の生まれ育ちですが、いままで送り火を直接見たことはありませんでした。

20120816okuribi01

京都市・東山近衛のNTT西日本京都支店・京都吉田別館では、この日の夜は屋上が見物客に開放されます。ここは大文字の正面に位置します。上の写真は、300mm(35mm換算450mm)望遠レンズで撮影しました。三脚がなかったので写真ではぶれてしまっていますが、ファインダー越しに見ると炎が燃えているのがよくわかりました。

20120816okuribi02 20120816okuribi03 20120816okuribi04

他に、妙法(妙だけですが)・舟形・左大文字も見ることができました。

私たちはNTTに入場料を払っているわけでもないのですが、社員の方々が親切に案内してくださったうえ、団扇までいただいて、帰り際には「ありがとうございました」と言われると、「いえこちらこそありがとうございました」という気分になります。実際見物客の皆さんはそういう感じで社員の方々と挨拶していました。

2012/08/15

楽譜

20120815gakuhu

14日の演奏会でとりあげた、マーラー「交響曲第6番」の楽譜です。

写真の部分は第2楽章(スケルツォ)で、コントラバスが二手に分かれてかけあいをする部分です。下から3段目の"get."から二手に分かれ、"alle"でもとに戻ります。

この場合、一つの楽譜を見ている2人組(プルトといいます)の外側の人が上の音、内側の人が下の音を弾きます。私は内側だったので下の音担当でした。

この曲には、難しいところはもちろん無数にありましたが、とりあえず本番でここが上手く行ったのでよかったです。正直なところ、私は変化する拍を数えたり複雑なリズムを弾くのは大変苦手で、さらにこの楽章ではテンポも大きく変化するので、こんな風にいろいろ書き込みをして対処しています。

書き込みをした楽譜はちょっと恥ずかしいので、こうやってお見せするのは初めてですcoldsweats01

2012/08/14

演奏会恒例の

今日は、広島大学サタケホールで開かれた、東広島交響楽団第15回演奏会に出演しました。

恒例の、演奏(のふり)の写真です。

20120814ensoul 低い音域

20120814ensoum 中くらいの音域

20120814ensouh 高い音域

20120814ensoue へんた(略

(写真を見たら、ネクタイが楽器の前に垂れていますね…)

2012/08/13

青い夜空?

20120813yozora

夕刻の青い夜空…と思って撮影したのですが、写真にとるとあまり青くありません。

広島大学サタケホールです。14日はここで演奏会をします。

2012/08/12

波紋

20120812wave01

大学のオブジェの池。水が抜かれる前のようすです。

20120812wave02

この隅からは、少しずつ水があふれています。

20120812wave03

球面波。つい遊んでしまいますcoldsweats01
(クリックすると動画を表示します。 Please click to show the movie. )

2012/08/11

レンガの壁

20120811renga

大阪環状線・京橋駅の内回りホームからは、写真のようなレンガ造りの壁が見えます。

この辺りには明治時代の鉄道の遺構もあるそうですが、実はこれは、マンションの庭に新しく作られたものだそうです。(参考

京橋駅は、終戦前日の1945年8月14日に空襲に遭い、乗客が環状線(当時は城東線)ホームの下に逃げ込んだところに、投下された爆弾がホームを突き破って炸裂するという悲劇のあったところです。(参考

2012/08/10

オブジェの池

20120810objet01

大学の中庭にあるオブジェの池も、水が抜かれています。こちらは、ポンプのメインテナンス中だそうです。

20120810objet02

それでもオブジェは回る…お盆休みの無人のキャンパスでも、ずっと回っていることでしょう。(写真をクリックすると動画を表示します。 Please click the above photo to show the movie. )

2012/08/09

噴水の鯉は

20120809koi01

大学の噴水池。7月31日の記事で、水が抜かれていたので掃除されたのかも、と書いていましたが、水が入れられても鯉が戻ってきません。

事務の方に問い合わせてみると、この鯉は、もっと小さかった頃にあるところから引き取ったものだが、大きくなってこの浅い池では飼えなくなったので、色のついた鯉は芥川緑地資料館(あくあぴあ芥川)へ、その他の鯉は関西大学飛鳥文化研究所へ、それぞれもらわれていったそうです。

20120809koi02

鯉がいなくなると、あっという間に藻が増えてきました。これは、鯉のために塩素濃度を低くしているせいもあるそうです。

鯉の写真は、7月2日の記事で。

2012/08/08

(´・ω・`)

20120808shobon01

暑いですね。アジサイがしょんぼりしています。

20120808shobon02

京都・御池通の、ケヤキ並木の下に植えられています。ケヤキの木のほうは、セミの声がものすごいです。

2012/08/07

松脂凝固中

20120807rosin

冷房の吹き出し口の上に乗っているのは「松脂」で、弦楽器の弓の毛にはこれを擦り付けてから演奏します。

コントラバス用の松脂は、ヴァイオリン用やチェロ用に比べて軟らかく作られているため、夏はすぐに融けて変形してしまいます。大学の研究室は、冷房が据え置き式なので、ついこんなことをしてしまいます。

2012/08/06

密林

20080911bassai02 2008年9月11日

広島の家の前の川沿いには、堤防の壁から川に向かって生えている木がありました。上の写真は、岸側から見たところです。

20101105bassari 2010年11月5日

2010年秋に、ばっさりと切られてしまいました。

20110706kirikabu01 2011年7月6日

翌年夏、切り株から枝が。

20110717kirikabu02 2011年7月17日

あっという間に葉が茂ってきました。

20120806mitsurin 2012年7月29日

そして現在のようす。すっかり密林です。

2012/08/05

ポートライナー

先日の札幌出張では、神戸空港からの飛行機で札幌に向かいました。

20120805portliner01

神戸空港には三宮からポートライナーで行きました。前に大阪モノレールの「ヲタシート」をご紹介しましたが、ポートライナーにも前面展望席があります。しかも、こちらは無人運転なので、さらに前がよく見えます。写真の右に写っているのが、非常時に手動運転するための運転台です。

20120805portliner02

こんな眺めです。

20120805portliner03 20120805portliner04

神戸空港に到着。

ポートライナーは1981年の博覧会「ポートピア」にあわせて建設されましたが、そのころと比べると、ずいぶん沖合まで陸地が広がり、線路も伸びました。かつて遊園地「ポートピアランド」があったあたりが当時の海岸線でしたが、いまは島の真ん中あたりになっています。

2012/08/04

モデルルーム取り壊し

20120804model

2012年2月10日の記事でご紹介したモデルルームが、取り壊されていました。あの程度の臨時の建物でも、瓦礫はけっこう出るのですね。

2012/08/03

キャンパスと月

20120803tsuki01

一昨日は、試験が終わって閑散としたキャンパスに聞こえる、ヒグラシの声をご紹介しました。

20120803tsuki02

この日は月もきれいでした。

2012/08/02

珍しい行き先

20120802yukisaki01 20120802yukisaki02_2

今日の昼間、JR線が京都ー高槻間で不通になっていました。その時間帯に電車に乗ろうと大阪駅に行くと、「新快速・大阪止」「快速・高槻行」「普通・吹田行」と珍しい行き先が並んでいました。

右の写真を撮ってツイッターに投稿すると、いくつか反応がありました。「撮りたかった」という声もありました。鉄っちゃん的には価値があるようです。

2012/08/01

ヒグラシ

20120801higurashi01

今日で春学期の試験は終わりで、明日からは夏休みです。今日の夕方には、キャンパスは閑散としてしまいました。9月下旬になるまで、静かな日々が続きます。

20120801higurashi02

建物内も静かです。ヒグラシの声が聞こえます。写真をクリックして動画を再生してみてください。(Please click the above photo for playing the movie to hear voice of higurashi, a species of cicada in Japan.)

フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

浅野晃のサイト

無料ブログはココログ