« 演奏会恒例の | トップページ | さかのぼる川 »

2012/06/11

レジ袋?

20120611fukuro01

台湾の7-11で、レジ袋をくださいと(ジェスチャーで)言ったら、店員さんが持ってきたのがこれ。

20120611fukuro02

こうなります。袋よりも資源量が少なく、店としては中身が見えて宣伝になるし、名案かも。ゴミ袋にはなりませんが。

« 演奏会恒例の | トップページ | さかのぼる川 »

コメント

初めまして。

小学3年生の息子が、フィンランドの作曲者の
タイトル:「HERDMANS HEEP」
ISWC(楽曲のコード):T- 000.767.472-7
作曲者:KANGAS VILLE
     KIVIOJA VILLE HEIKKI
アーティスト:PRUSIKOUKKU SOUNDMACHINE
をエレクトーンで演奏することになったのですが、編曲許諾を頂くにあたり、困っている所、先生の所にたどり着きました。

たまたま担当講師の生徒さんが以前演奏したそうで、TEOSTOへの当時のメールのやりとりも全てもらったのですが、宛先不明でエラーで返ってきたり、日本のJASRACに問い合わせてくださいと言われたり。
ちなみにteosto@teosto.fiメールを送り、試行錯誤しているのですが、結果作曲者に直接連絡してくださいって内容のメールが来まして、教えてもらった作曲者のアドレスに送っても宛先不明のエラーで返ってきてしまい、その旨を何度もTEOSTOにメールを送っているのですが返事が来なくなってしまいました。

JASRACにも日本国内で作家と契約を結び楽曲を管理している権利者は、今のところ無く、TEOSTOを通じての楽曲管理になるのでTEOSTOを通さず作家へ直接コンタクトを取るということはしていないといわれました。

どうすれば良いのでしょうか・・・。

初めてのメッセージで大変申し訳ないのですが、お忙しいことと思いますが、お時間のある時にお返事いただけると幸いです。

宜しくお願い致します。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 演奏会恒例の | トップページ | さかのぼる川 »

浅野晃のサイト

無料ブログはココログ