« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

2012/05/31

KY

20120531ky

台北で靴を買ってきました。KYだそうで。メーカーの名前なのか、よくわかりませんが、ちょっと笑ってしまいます。

もっとも、私はこの「空気読め」とかいう言い方は嫌いです。そうやって発言を封じてまわりに合わせることばかり強要するようでは、社会は閉塞していくばかりです。

2012/05/30

澎湖諸島の夕陽

20120530yuuhi

台湾・澎湖諸島の馬公空港に到着して、タラップを降りた時に撮影した夕陽です。この飛行機(復興航空 Transasia Airways)はATR72というプロペラ機です。帰りはエアバスA320機でした。

復興航空は,今月末に初の日本路線を関西空港に、来月には日本各地に飛ばすことになっているそうです。

2012/05/29

入学試験の座席票

20120529juken

今回の台湾での学会は、国立澎湖科技大学で行われました。会場の教室の机には,入試が行われた時のものと思われる座席票が貼ってありました。試験が終わったら持って帰るという仕組みではないようで、上の写真の座席票は、別の座席票の上に貼り重ねてありました。(落書きまでされてますし…)

それにしても、教室に貼ってある座席票を見回しても、大学にいる学生を見ても、「科技大学」ですが女子学生もたくさんいます。これは中国大陸でも、マレーシアやインドネシアでも同じです。なぜ日本では、工学部には女子学生が極端に少ないのでしょう?

もっとも、澎湖科技大学は離島のリゾート地にあるだけあって、「観光休閒学院(観光レジャー学部)」という学部もあります。

2012/05/28

日環食

20120528taiwannisshoku01

台湾の飛行機の中で見た新聞の、金環食についての記事。中国語では「日環食」というみたいです。

20120528taiwannisshoku02 20120528taiwannisshoku03

月と太陽の縁がそろった時に現れる「ベイリー・ビーズ」は「貝里珠」(ベイリーチュ)。この写真は、台湾本島ではなく、金門島(福建省沿岸にある、台湾政府支配下の島)で撮影されたものです。

2012/05/27

金環日食残念

5月21日の金環日食は、大阪市の実家で見ていました。このあとすぐ関空から台湾出張に出発するためです。残念ながら、金環は見られませんでした。

20120527nisshoku01 6時47分

20120527nisshoku02 6時41分

欠けた太陽の形をした木漏れ日。晴れていたのはこのあたりの時間だけでした。木漏れ日の動画もどうぞ。

20120527nisshoku03 6時46分

減光板を通り抜けた太陽と、減光板に反射した自分とを同時に写しました。

20120527nisshoku04 7時30分

金環になっている時間です。暗くなって街灯のついた街で、空を見上げる人々。空き巣狙いに注意coldsweats01

20120527nisshoku06 7時33分

20120527nisshoku07 7時35分

終わってしまいました。残念。

2012/05/21

今週はお休みさせていただきます

5月21日(月)から26日(土)まで台湾に出張するため、その間「写真日記」は休ませていただきます。どうぞご了承くださいませ。

2012/05/20

屋上緑化

20120520okujo01

広島大学総合科学部の屋上が、このように大規模に緑化されています。

20120520okujo02

このような事業だそうです。

2012/05/19

水はいりません

20120519mizu

広島の家の近くの焼肉店にて。テーブルの横においてあるのですが、水をやる客が多いのでしょうか?お酒をやる客もいるかもcoldsweats01

日韓ワールドカップ記念硬貨

20120519coin01 20120519coin02

京都で買い物をしたら、釣り銭にサッカー日韓ワールカップ開催記念コインが入っていました。

恥ずかしながら、こういうコインが出ていることすら知りませんでした。「KOREA」という文字が見えたので、一瞬「韓国のコイン?」と思ってしまいました。日韓ワールドカップからもう10年になりますね。

2012/05/18

完成予想図

20120518yosouzu 2012年5月17日

大学の情報演習棟建設工事現場では、2,3日前に防護壁に「完成予想図」が掲げられました。

大学1年の時、製図実習室に、建築科の人が描いた「心斎橋筋修景計画」の優秀作品が掲げられていたのを覚えています。町並みそのものを自分のアイデア通りに描いたもので、もはや「絵画」といっていいものでした。絵の苦手な私は、建築科というのは大変なところなんだな、とただただ思いました。

昔はマンションの広告にも、こんなふうに通行人とかを描いた予想図が載っていましたが、最近はCGで作った建物の画像だけで、こういう予想図はあまり見なくなりました。


2012/05/17

基礎工事

20120517kiso 2012年5月17日

建物の基礎を作る工事が始まったようで、 大きな穴が掘られています。

2012/05/16

京阪電車と木津川

20120516keihan_2

京阪電車で木津川を渡るところです。

京都から大阪に向かう京阪電車は、この付近で宇治川、続いて木津川を渡ります。この少し下流で、この宇治川・木津川・桂川が合流して淀川となります。

地図([google map])の通り、京阪電車は宇治川・木津川を渡る付近で、合流点を囲むように大きくカーブしています。私は子供の頃から、ここの風景が大好きです。高速道路が通って視界が一部遮られたのが、少しだけ残念です。

この写真は、iPod touchで車内から写したものなので、画質が悪くてすみません。電車の中から写真をとるのは難しいですが、また挑戦してみます。

2012/05/15

車内にて

20120515shanai01 20120515shanai02_2

席が空いているときは座ってください。右のバスで、私は乗車口付近が混雑してドアに押し付けられています。出発点(大学)の乗り場には次のバスを待つ学生が多数いました。

2012/05/14

マネキンにギター

20120514guitar

4月30日の記事で、楽器店の前に漫画「けいおん!」にちなんだマネキンの展示のことを書きました。これは、朝の開店時に、マネキンに楽器をギターを持たせているところです。

よく見ると、このマネキンは、ふつうのマネキンとは違って腕が曲線状になっています。また、ひざにはジョイントがあり、自由に曲げられるようになっているようです。

2012/05/13

2階にモデルルーム

20120513model

以前「角地にモデルルーム」という写真を載せましたが、こちらは商店街のお茶屋さんの2階にモデルルームができています。モデルルームは期間限定ですから、場所をうまく見つけるのも大変なのでしょう。マンション建設現場とあまり遠くてもいけませんし。といっても、京阪「清水五条」駅とここはだいぶ離れていますが。

2012/05/12

工事現場内の木

20120512kouji01 2012年5月12日

だいぶすっきり整地されました。防護壁の内側にいくつか木が残っていますが、これらは工事完了後も残るのでしょうか?

20120512kouji02 2012年5月12日

ところで、工事開始直後は、写真の防護壁と植え込みの間の通路が閉じられていて、バス停から建物に達するのにかなり回り道をしました。ゴールデンウィーク後からこの通路が開いて、便利になりました。

20120512kouji03 2012年5月11日

こんな看板もとりつけられました。

2012/05/11

夏の御池桜

20120511oikezakura01 20120511oikezakura02

冬の間も咲いていた「御池桜」、4月19日の写真ではずいぶん花が減っていましたが、上の5月5日の写真では、もうほとんど花がなくなってしまいました。今日(5月11日)に見たところでは、花はまったくなくなっていました。

20120511oikezakura03

冬の間あった案内板が、なくなっていました。ふつうの葉桜と変わらなくなってしまったからでしょうか?

2012/05/10

網戸にハチ

20120510hachi

研究室の窓を開けておいたら、網戸にハチが。

この窓、なぜかガラス窓が網戸の外にあるので、網戸を開けないとガラス窓を閉められません。つまり、この状態では窓を閉められません・・・

2012/05/09

Bass Buggie

20120509bassbuggie

コントラバス運搬用の車輪"Bass Buggie"を買って、先日の広島行きから使い始めました。

確かに担ぐよりも体はずっと楽です。また,車輪の具合がよく、このような絨毯の上や,少々凸凹した道でもスムーズに押すことができます。ただ,注意して押さないとまっすぐ進みません。根性が曲がっているのでしょうかcoldsweats01

あと意外な盲点として、「早足で動くことができない」という問題があります。急ぐときには担いだほうが速いです。

これからも,いろいろな押しかたを試してみます。

2012/05/08

先祖の地

私は大阪の生まれですが、祖父の代までは岐阜県の墨俣(すのまた)というところにいました。ゴールデンウィーク中に、墨俣に墓参に行ってきました。

20120507gifu01

お墓のあるお寺です。

20120507gifu02

墨俣は、広々とした濃尾平野の中にあり、豊臣秀吉が長良川沿いに一夜で城を建てたという「一夜城伝説」で知られる土地です。

しかしその反面、何度も大きな水害に見舞われている土地です。1976年9月に長良川の堤防が大きく決壊したときには、墨俣町(当時)全域が水没しました。住民は、上の写真のお寺の向かいにある小学校の屋上に避難して、難を逃れたそうです。

2012/05/07

【宣伝】演奏会に出ます(8月ですが)

20120814hhso 楽団サイトにはPDFがあります)

東広島交響楽団第15回演奏会

2012年8月14日(火)18:00開演
広島大学サタケメモリアルホール
入場無料

ハチャトリアン/バレエ音楽「ガイーヌ」より
マーラー/交響曲第6番「悲劇的」

こちらは私も団員です…といいますか、この楽団は演奏会ごとにメンバを募集して、だいたい1月と8月に演奏会を開いています。私は、広島大学を辞職する直前だった昨年8月の演奏会に初めて参加しました。この楽団は連休に集中練習をする方式なので、関西に移ってからも今年1月・今回と参加しています。

会場は東広島市の広島大学内にあるホールで、少々不便な場所ですが、入場無料ですので、お気軽におこしください。

2012/05/06

下から花

20120505shitakarahana

5月1日の記事にあった、京都市役所前のハナミズキですが、こんなところからも花が出ています。桜の花も、よく幹から直接出ていますね。

2012/05/05

スーパームーン

今日は、月の軌道の近地点と満月が重なるため月が大きく見える「スーパームーン」だそうです。5月21日には「金環日食」がおこりますが、これが皆既日食にならないのは、月が軌道を半周すると遠地点で新月になり月が小さく見えるので、月が太陽を完全に隠せなくなるからだそうです。

20120505supermoon01

広島の西条駅から、酒蔵の煙突の上に出ているのを写しました。もう少し早い時間だと煙突と重ねて写せたのですが、残念です。

20120505supermoon02

西条駅の跨線橋から写しました。

20120505supermoon03 20120505supermoon04

満月というのはかなり明るく、さらにスーパームーンはふつうの満月より10%ほども明るいらしいです。左の写真のように月の模様(いわゆるウサギの餅つき)が写るように露出をしぼると、建物等は右の写真のようにしか写りません。

肉眼では、建物はひとつ上の写真のように見え、かつ月の模様もはっきり見えます。肉眼がいかに優秀かわかります。

ここまではオリンパスXZ-1で撮影しましたが、月が上にあがってから、妻のペンタックスK-5を借りて撮影してみました。

20120506supermoon05_2

200mm(35mm版300mm相当)・手持ちで撮影しました。正直あまりうまく写せませんでした。乱視でピントが合わせられなくなっているのか、カメラを支える筋力がなくなっているのか…

2012/05/04

夜ハナミズキ

20120504yoruhanamizuki01 20120504yoruhanamizuki02

京都・御池通の街路樹にもハナミズキがあります。

20120504yoruhanamizuki03

恥ずかしながら、こういういわれの木だとは知りませんでした。

2012/05/03

国旗掲揚台

20120503kokkikeiyou 2012年5月2日

20120425kouji 2012年4月22日

引き続き、大学の工事現場のようすです。4月22日の写真と比べると、3本あった旗掲揚ポールがなくなっていることがわかります。

このポールは、このキャンパスが建設された当初からあるそうですが、当時からいらっしゃる先生に聞いても「旗があがっているのは見たことがない」そうです。

2012/05/02

ネギの切り口

20120502kirikuchi

私はネギが大好きです。

スーパーでネギを買ってくると、切ったあとの根っこを水の入った瓶に入れてベランダに置いておき、伸ばしてもう一度食べるようにしています。新鮮なネギは匂いがよくておいしいです。

これは、最初にネギを切った切り口の、しばらく育てたあとのようすです。いわば「傷口」ですが、こんなふうにタマネギ状に膨らみます。触るとぷよぷよしています。

2012/05/01

ハナミズキ

20120501hanamizuki01

京都ではいま、あちこちでハナミズキを見かけます。これは、京都市役所の正面にある木です。

20120501hanamizuki02

こうやってみると、花びらのように見えるのが実は「がく」だというのがよくわかります。

[5月7日追記]よく調べてみると、花びらのように見えるのでは「がく」でもなく、「総苞」という一種の「葉」なのだそうです。[wikipedia 苞

フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

浅野晃のサイト

無料ブログはココログ