« 夜景撮影 | トップページ | 接写してみた »

2011/02/24

河原

20110223kawa01

何度か書きましたが,広島の川は潮の満ち引きで大きく水位が変わります。2010年1月6日の記事でも紹介しましたが,冬はとくに水量が減るため,干潮時には大きな河原が広がります。とくに,2010年7月16日の記事に書いたように,昨夏の大雨で土砂が運ばれ,河原が広くなっています。

20110223kawa02

よく見るとわかりますが,水量が減って新しい中州ができています。

« 夜景撮影 | トップページ | 接写してみた »

コメント

「国土交通省 水文水質データベース」で見てみました。
例えば太田川河口の草津観測所では2/20 19:00の水位は0.03mとあります。
同日の5:00が2.04mですから、一日で2mも水位が変化するんですね。

1年で一番干満差が大きいのが7月10日ごろで、このときに厳島神社では「管絃祭」が行われます。広島港潮汐表 http://www.miyajima.or.jp/sio/2010/sio07.html によると、2010年7月13日には干満差が395cmに達しました。一度管絃祭を見に行きましたが、昼間は鳥居の下まで歩いて行けたのが、夜は神社の中まで船が入ってきます。
以前撮った、川の干満の写真です→ http://laskin.mis.hiroshima-u.ac.jp/Photos/200407/

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 夜景撮影 | トップページ | 接写してみた »

フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

浅野晃のサイト

無料ブログはココログ