« まだ融けない雪 | トップページ | 北京の裏通り »

2011/02/05

扇風機

20110205senpuuki

先日ツイッターの私のTLで,子供の頃扇風機に指を突っ込んだことがある,という話が出ていました。突っ込んだことがある,突っ込もうとした,という人が,意外と何人もいました。

事故が多かったからか,今は扇風機の羽根には,必ず上の写真のような注意シールが貼ってあります。でも,このシールは回ってしまうと見えないから,意味がないのではないでしょうか?

ところで,子供のころの扇風機は,カバーの中心の,羽根の軸にあたるところに,穴があいていました。そこにペンを突っ込んで模様を描いた,という話も聞きましたが,あの穴はなぜあいていたのでしょう?今は上の写真のようにふさがれています。

« まだ融けない雪 | トップページ | 北京の裏通り »

コメント

ペンをつっこんだのは私です。
「ろくろ気分」とでも言うのでしょうか、トランス状態のように飽かず繰り返した少年時代。

あの穴は,ペンを突っ込んでトランス状態になるためにあるとか?coldsweats01

私の思い出は、扇風機に向かって「うううう~」って叫んだことです。
かごの部分に丸ごとかぶせる網のような商品も売られていましたね。

やりましたね。あんまりやると喉を痛めます(><) 扇風機の後ろからやるといいという説もありますが,どうでしょう?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« まだ融けない雪 | トップページ | 北京の裏通り »

フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

浅野晃のサイト

無料ブログはココログ