« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

2010/10/31

北京の地下鉄にて

20101031metro

北京の地下鉄車内で。田舎のほうから野菜や魚を売りに来ている人だそうです。大きな荷物を地下鉄で運んでいるのに驚き。

2010/10/30

男女

20101030danjo_2

喫茶店のトイレのドアですが,おもしろいです。

2010/10/29

新幹線の始点

20101029shuten

今日は東京駅から新幹線で大阪に移動しました。席は16号車でした。以前は16号車は喫煙車でしたから当たることはなかったのですが,全車禁煙のN700系になってから,時々16号車が当たります。

以前「新幹線の終点」という記事で,鹿児島中央駅のレールの端をご紹介しましたが,今日は初めて東京駅のレールの端を見ました。既に,新幹線のレールは両駅を結んでいます。

2010/10/28

ジュリエットの家

20101028juliet01

イタリア・ヴェローナのもっとも有名な観光地,「ジュリエットの家」です。この中庭には無料で入ることができます。写真のベランダに上がることもできるようですが,建物内は展示館で料金がいるせいか,建物に入っている人は少ないようでした。

20101028juliet02

ジュリエットの像で記念写真を撮る人が多数。どこへ手をやってるんですか…

【追記】ツイッターで@melontestさんに教えていただいたことによると,胸を触るのは幸せになるおまじないなのだそうです。

20101028juliet03

建物の壁はものすごい落書きです。

20101028juliet04

落書きは,隣の"ALMANI JEANS"にまで及んでいます。

【追記】「ロミオの家」もごらんください。

2010/10/27

向前一小歩 文明一大歩

20101027ippo

まるでアポロ11号のアームストロング船長の言葉みたいですが,これは「男子トイレ」にあった標語です。

2010/10/26

パフォーマー

20101026performer

イタリア・ヴェローナのアレーナの横で,ツタンカーメン王?のパフォーマンスをする人。この姿勢でじっと立っているのですが,若い女性が通りかかると吠えかかっていました。こらこらcoldsweats01

2010/10/25

行書体

20101025gyosho01 20101025gyosho02

中国で結婚式を挙げた学生の叔父さんのご紹介で,北京では中国国際放送局のゲストハウスに泊めていただきました。

建物の名前が,行書で書かれています。ここに限らず,大陸でも台湾でも香港でも,楷書体や行書体の看板をよく見ます(こちらの記事も参照)。それだけでなく,この看板には書いた人の署名まで入っています。

中国語世界は文字の文化なのだと,あらためて思います。

2010/10/24

アレーナ

20101024arena01

イタリア・ヴェローナの「アレーナ」です。これは,約2000年前のローマ時代の競技場跡です。

20101024arena02

ここはいまでも「現役」で,毎年夏にオペラフェスティバルが開かれます。

20101024arena03

これは「書き割り」のようです。

【追記】ツイッターで@melontestさんに教えていただいたことによると,この「書き割り」の場所には本当に昔の壁があるそうで,修理中だったのではないか,ということでした。アレーナのサイトに写真があります。

2010/10/23

無料バス?

20101023bus

大学そばのバス停の貼り紙。「このバス停に停車するバスは路線バスです。お降りの際に運賃をいただきます。」それ以外のバスってどんなバスでしょうか。自動車教習所の送迎車?

2010/10/22

888

20101022receipt

今日,大学内のコンビニで買い物をしたら,値段がちょうど888円でした。

だからどうということはないのですが…何を買ったかは内緒です。

2010/10/21

建国宣言

20101021kenkoku

中国国際放送局の展示を見学させていただきました。これは,毛沢東主席が天安門で「中華人民共和国成立宣言」をした時の機材です。

Youtubeで宣言の映像を見ることができますが,漢字の発音がどうも違うと思って調べてみると,これは毛沢東氏の出身地である湖南地方の発音なのだそうです。

2010/10/20

窓側・通路側

20101020madogawa

イタリアの特急列車にあった,窓側・通路側の座席番号の表示です。

単純なイラストで立体的な「前後」を表す,おもしろい表示だと思います。

2010/10/19

雪碧

20101019sprite

中国での結婚式でテーブルに出ていた「雪碧」,つまり「スプライト」です。すばらしいネーミングだと思います。

テーブルにペットボトルを置いておくと,飲み物がぬるくなってしまいますが,中国では冷たい飲み物はあまり飲まないそうです。レストランでも「水(シュイ)」といって出てくるのはお湯です。

ペットボトルのかげに,たばこが置いてあるのが見えます。このたばこは,祝い事用のデザインの箱でした。

2010/10/18

芋葉のアサガオ

20101018asagao01 20101018asagao02

東北大学電気通信研究所(片平キャンパス)の入口にて。アサガオとサツマイモはもともと近い種類らしいですが,最近こういう「芋葉」をつける種類のアサガオが増えました。「緑のカーテン」によく使われる西洋アサガオは,日本のほとんどの土地ではタネをつけないそうですが,このアサガオは植えられたものではないようです。

2010/10/17

猫のおっぱい

20101017nekooppai01

いつも猫のいる,家のそばの小学校横の植え込みで,猫がおっぱいをあげていました…が,子猫はもうずいぶん大きいようです。

20101017nekooppai02

近づいたら母猫に睨まれてしまいました。そんな母に頬を寄せる子猫がかわいいです。

2010/10/16

夜のサンマルコ広場

20101016sanmarco

ヴェネツィアの中心であるサンマルコ広場を夜に訪ねてみると,あちこちのオープンカフェで生演奏をやっていました。写真のカフェでは,スケートで有名になった「誰も寝てはならぬ」を演奏していました(写真をクリックすると動画を表示します)。

2010/10/15

証婚

20101015ribbon

中国での結婚式で,私がつけていた花です。リボンには「証婚」と書かれています。どうやら日本語でいう「媒酌人」のようなもののようです。自分がそうであることは,当日この花をつけてもらってはじめて知ったのですがcoldsweats01

2010/10/14

サンタルチア駅

20101014station

ヴェネツィアのサンタルチア駅を,運河の対岸から写しました.私は見たことはないのですが,映画「旅情」で,主人公が駅に到着しバスをさがしていたら「あれがバスだよ」と水上バス(ヴァポレット)を指さされる,というシーンがあるそうです。写真をクリックすると,そのヴァポレットが駅前を通過する動画を表示します。

2010/10/13

続・乾杯

20101013kanpai

10月5日の記事
に続いて,中国の結婚式での乾杯についてです。

私が乾杯している相手は、結婚式の司会者です。前の記事のとおり、こちらの乾杯は飲み干さないといけないので、コーラをさかずきに入れてしていたつもりだったのですが、この写真ではグラスでしています。

こちらの結婚式では司会が必要なイベントは全部最初に終わってしまうので、あとは司会者さんも一緒に料理を食べていました。

2010/10/12

バスの椅子

20101012bus

最近西条駅と大学の間に走っているバスですが、椅子がどうも変です。観光バスか高速バスかの座席を移植したように見えます。

椅子とバスの形が合っていないのか、低くて座りにくいです。

2010/10/11

雪原?

20101011setsugen

東京→広島の飛行機から写した、日没直後の風景です。雲がまるで雪原のようです。

2010/10/10

男子禁制?

20101010tachiiri 20101010tachiiri02

大学の食堂の勝手口ですが,この「関係者以外立入禁止」はどうも「男性は立ち入り禁止」のように見えます。

2010/10/09

滑走「板」?

20101009kassoro

広島空港近くの駐車場から撮った写真です。空港は丘の上にあるので,滑走路の端は空中の「板」になっており,さらに進入灯がまるで「余部鉄橋」のように延びています。

これを作ったJFEエンジニアリングのサイトによると,この「板」は,飛行機の電波高度計が発する電波を反射して,高度を正確に測るためのものだそうです。広島空港は山の中にあるため霧が多く,開港当初は欠航が多かったのですが,さまざまな装置がとりつけられて,現在は霧による欠航はまずありません。

※twitterで@gajiG様からご指摘をいただき修正しました。ありがとうございます。

2010/10/08

Traghetto

20101008traghetto01

Traghetto(トラゲット)とは,ヴェネツィアの運河を渡るための手こぎの渡し船です。ヴェネツィアではゴンドラが有名ですが,こちらは乗り合いですから,同じ船に0.5ユーロで乗れます。

20101008traghetto02

こんなふうに船頭さんがこいでいます。

20101008traghetto03

船から運河を見たところです。ちょっと怖いかも?

20101008traghetto04

ほんのわずかの「船旅」でした。

2010/10/07

名刺交換

20101007meishi

幕張メッセに貼ってあった注意書き。「新人研修と称して名刺交換を強要する方が…不動産投資等の勧誘目的で後日連絡をしてくる可能性が…」

私も以前「新人研修です」といって名刺交換を要求されたことがありましたが,そういうことだったんですか。幸い何も連絡はありませんでした。私の名刺には電話番号は書いてありませんからbleah

2010/10/06

みっぇちゃん

「みっちゃん」といえば,八丁堀にある,広島風お好み焼きの元祖のひとつといわれているお店です。広島には「○ちゃん」というお好み焼きやさんがたくさんありますが,

20101006mitsuechan

これは「みっちゃん」ではなく「みっぇちゃん」です.うーむ

2010/10/05

乾杯

20101003kanpai (写真をクリックすると動画を表示します)

このように,新郎新婦が各テーブルをあいさつにまわります.新郎新婦の後ろでお酒を注いだり世話をしているのは,それぞれの友人で,宴会中ずっと世話をしています.

注いでいるのが本当にお酒かどうかは知りません.テーブルに出ている飲み物も,お酒はそれほど多くなく,ビールは出されませんでした.

こちらの乾杯は,本当に飲み干さなければなりませんから,下戸の私はずっとコーラで乾杯していました.

2010/10/04

エビフライ

20101002gamberi

ヴェネツィアのマクドナルドでは,エビフライを売っていました.名前はそのまま"gamberi"(「エビ」の複数形)です.ヴェローナにもありました.イタリアのマクドナルドのサイトに載ってますから,どこの店にもあるのでしょう.

マクドナルドを見つけるとうれしいのは,「トイレに入れる」ことです.こっそり入ってもわかりませんが,それは申し訳ないので,何か買うようにしています.で,見つけたのが「エビフライ」でした.

2010/10/03

中国の結婚式(2)

20101001banquet2 (写真をクリックすると動画を表示します)

舞台に出た来客は2人だけで,私はそのひとりとして新郎新婦とともに舞台に立ち,スピーチをしました(*).友人の出し物といったものもなく,プロの歌手が出演しました.

*もちろん通訳付です.新郎の伯母さんが広島大で中国語の先生をされていて,彼は伯母さんの紹介で私の研究室にやってきました.今回は旅行中ずっと通訳をしていただいて,大変お世話になりました.

2010/10/02

Rio Terà

20100930riotera

"Rio Terà SS. Apostoli"という道路名表示が見えますが,"Rio Terà"とはRio(小さな運河)を埋め立てて作った通りだそうです.そういえば,建物の入口がもともと運河に面していたよう…なことはないかhappy01

2010/10/01

中国の結婚式

20100929banquet (宴会中のようすの動画もごらんください)

結婚式の宴会が始まる前のようすです.背広を着ている人もいましたが,たいていの人はふだんとかわらない服装でした.女性も,チャイナドレスを着ている人もいましたが,ほとんどの人はふつうの服装でした.

日本の結婚式との大きな違いは,「流れ解散」である,ということです.来賓のスピーチや指輪の交換といったイベントは最初にまとめて行われます.あとは新郎新婦が各テーブルを回ってあいさつをし,客はあいさつを受ければ後は好きなときに帰っていいそうです.

 

フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

浅野晃のサイト

無料ブログはココログ