« 実は梅 | トップページ | せんとくん »

2010/06/05

ピンクの春紫苑

20100605pinkharujion

今年は,ピンクがかった春紫苑を,例年より多く見かける気がします.この「淡いピンク」という色は,デジカメではなかなかきれいに写りません.いい方法はないでしょうか?

春紫苑は別名「貧乏草」というそうですが,地方によっては「ピンクの春紫苑を見る(持って帰る)と金持ちになる」という言い伝えもあるそうです.

« 実は梅 | トップページ | せんとくん »

コメント

一般的にデジカメは測色的に正確な色を再現しているわけではなくメーカーによる色作りが入っています。
つまり空は青く、顔色は実際はもっと黄色いのにピンクにといった具合です。
黄色人種の顔色を良くするには黄色を赤にと色相を回し、そのうえ明度を上げる手法が用いられます。
そうすると似た色はどうしても明度が上がった色の薄いものになってしまいます。
またデジタルカメラは、レッド・グリーン・ブルーの原色フィルターで色分解して記録しているのでその間にはさまれたイエロー・シアン・マゼンタの記録特性はどうしても劣ることになり、その中間の色はどちらか近い光の三原色に引っ張られてしまいます。
いい方法は測色的に忠実な記録モードが選べるカメラに買い換えるかレタッチソフトで記憶を頼りに色をいじるかですが、あまりおすすめな方法ではないですね。

丁寧なご説明ありがとうございました.さすが,プロの方に説明して頂くと,よくわかります.肌の色がきれいになるように色調を調整してあるのですね.
 「測色的に忠実な記録モードが選べるカメラ」は高そうなので,レタッチソフトのほうで調整してみます.

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 実は梅 | トップページ | せんとくん »

フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

浅野晃のサイト

無料ブログはココログ