« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010/04/30

若葉

20100430wakaba

4月16日の「寒い」という記事で,葉がまったく出ていない様子をご紹介した木ですが,ここ2,3日で急に若葉が出てきました.

(2010年4月26日撮影)

2010/04/29

今年はスミレがたくさん

20100429sumire01 20100429sumire02

大学では,この時期,コンクリートの隙間にスミレがよく咲いています(2009年4月4日の記事参照).今年は,私がいる建物の中庭に,スミレが例年よりたくさん咲いています.

2010/04/28

草引き

20100428kusahiki

大学で私がいる建物のそばのつつじに,少しずつ花がついています.ただ,2005年と比べると,ここ2,3年はあまりきれいに花が咲いていません.この日(4月26日)の朝は,草引きが行われていましたが,今年はどうでしょうか.

2010/04/27

ロールケーキ

20100427cake_2

近ごろ,ロールケーキが人気のようですが,
最近のロールケーキは「ひと巻き」型のものが多くて,ちょっと不満です.

ロールケーキは,やはりくるくると巻かれていないと,「ロール」とはいえないと思います.これは一周を超えてはいますが,まだちょっと足りないですね.

2010/04/26

春のカエデ

20100426kaede01 20100426kaede02

きのうに引き続き,外国の大学からの贈り物です.やはりカナダからの贈り物は楓ですね.

楓もイチョウと同様に,関心をもつのはふつう紅葉の時期ですが,芽吹きはこんな感じのようです.

twitter

twitterというものを,始めてみました.
このブログに新規に投稿すると,twitterに更新情報が書き込まれる,という仕組みができたためです.

インターネットが一般に使われるようになってから十数年になりますが,その間,「ホームページで世界に情報を発信」(笑)から,ブログ,SNS,そしてtwitterといろいろなものが発展してきました.これらは,つまるところ「他の人とコネをつける」ツールです.インターネットが普及するよりもずっと昔でも,雑誌の「文通募集欄」もそうですし,あるいはアマチュア無線の「CQ呼び出し」(「これを聞いている人は誰でもいいから応答してください」の意味)も似たようなものです.人の欲求というのは,結局たいして変わっていません.

ただ,twitterを使い始めるのをすこし躊躇していたのは,このツールが「いかにたくさんの人とコネがあるか」「自分はいかに偉い人とつながりがあるか」を自慢するようなところがあるからです.かつてのバブル時代にも,システム手帳(笑)のアドレス帳と予定表がいかにびっしり埋まっているかを自慢する人たちがいたと聞きます.それと同じような嫌らしさを感じます.

私はそういう「偉い人にしっぽを振るような」態度は嫌いです.と言えればいいのですが,実際のところはそういう「偉い人とコネをつけてを生かす」のが,子供の頃から苦手なのです.私の顔に「苦手です」と書いてあるので,偉い人にもそう見えるのでしょう.ただ,それでもtwitterにひとつの可能性を感じるのは,情報を発信する人の「空気感」を表現できるのではないか,と思うからです.

情報通信技術が発達するにつれて,人が実際に会う必要性は減り,一極集中は緩和されるのではないか,といわれていた時期がありましたが,実際はまったく反対でした.それはもちろん,いくら情報ツールが発達しても実際に会うことには敵わないからです.

何が敵わないかというと,ネットワークを介しては,相手の人間像を形成することができず,人と交流している気がしないことです.人間像は,人に「まとわりつく」雰囲気や気分,いわゆるノンバーバルな情報によって形成(醸成?)されます.

「ホームページ」からブログ,SNS,そしてtwitterと,発信の手間が少なくなり,どうでもいいことを適当に発信することができるようになってきました.そういう「どうでもいい」情報発信で,雰囲気や気分を伝えることができるかもしれません.私のように地方に住む者にとって,直接会えないハンデを補うのは,切実なことです.

とはいうものの,私はネット上の人間像は「演じて作る」ものだと思っていますので,現実と違っていても,悪しからず.(って,言ってしまったらだめかcoldsweats01

【関連記事】 「座観雑感」・勝ち馬に乗る / 囲む会 / 「誰やそれ!!

2010/04/25

広葉杉

20100425koyozan02

「広葉杉」と書いて「コウヨウザン」と読みます.「杉」という字の音読みは「サン」,そう言われれば,そういう気がします.

ここは大学の中で,各国の大学から贈られた木が植えられているところです.

20100425koyozan01

やはり杉ですから,こんなふうに花粉を出す雄花と,球のような雌花がつきます.

そういえば,私は毎年花粉症に悩まされていますが,今年はいつまでも寒いからか,軽くすんでいます.

2010/04/24

満天星

20100424doudan01

この,スズランのような花を咲かせる灌木は「ドウダンツツジ」というそうなのですが,表題のとおり,「満天星」と書いて「ドウダンツツジ」と読むのだそうです.

星が降るように花が咲くという意味なのか,なかなかいい当て字です.ただ,「ドウダンツツジ」という読みは漢字で「灯台躑躅」と書くそうで,なぜ「灯台」が「ドウダン」なのかについては,これまた諸説あるようです.

20100424doudan02

こうやってみると,確かに「ツツジ」です.

2010/04/23

まだ桜

20100423madasakura01

以前「出遅れ」「続・出遅れ」という記事を書きましたが,その後もこんな風に葉が出てきても,まだ咲く花があります.

20100423madasakura02 20100423madasakura03_2

他の木は,まだこんなふうに咲いています.

※4月20日に撮影

2010/04/22

春のイチョウ

イチョウというと,秋になると関心の集まる木ですが,

20100422ichou01 20100422ichou02

春はこんな感じです.

20100422ichou03 20100422ichou04 20100422ichou05

新芽が,あちこちからいっせいに出ています.

2010/04/21

島抜け

20100421shima

先月末に,大学の案内板が新調されましたが,看板の枠は修理されず,「島抜け」のままです.

大阪都構想

大阪市を解体して,東京都と同様の特別区制を導入しようという「大阪都構想」は,戦後何度も何度も発表されてきたものです.「大阪都」を導入することで,大阪市と大阪府に分散している大阪の力をひとつに結集し,東京とならぶ日本のもうひとつの中心になれるといわれています.

しかし,それは難しいと思います.
それは,上でいう「東京対大阪」は,「東京都対大阪府・市」ではないからです.

「東京」という都市は,特別区や都の領域にとどまらず,首都圏全体にひろがっています.そして,首都圏は中央集権的な構造であり,都・県・政令市の中で東京都の力は突出しています.ですから,東京都を中心として首都圏全体の利害を調整することができます.また,日本国政府も積極的に調整をしています.

一方の「大阪」は,実際には京阪神をはじめとする関西圏全体をさしています.その中で,大阪府や大阪市の力は,大きいもののとくに突出してはいません.京都市や神戸市は,大阪市よりも格下とは思われていません.そして,関西圏の府・県・政令市を調整する公的機関はありません.国も,首都でない関西では,利害の調整には積極的ではありません.このような多様性は関西圏の強みではありますが,一方で空港問題での大阪府と兵庫県の対立や,サミット誘致での大阪市と京都市の対立のような問題を引き起こします.

東京都知事は,「東京市長」と「東京府知事」を兼ね,さらに「関東州大統領」的な力も持っています.一方,「大阪都知事」は,ほとんど大阪市の続きといってもよい尼崎市に口を出すこともできません.上に書いた,これこそ二重行政というべき対立は,まったく解決しません.

必要なのは,大阪府内を統一する機関ではなく,関西全体で利害を調整する機関です.平松大阪市長のいう「ワン大阪よりもワン関西を目指すべきだ」というのは,当を得ています.というより,橋下大阪府知事も,当選したときには「市町村に権限を移し,大阪府を解体して関西州を目指す」と言っていたと思うのですが.

----------

私は,「遅れてきたコイズミ」のような橋下氏はまったく支持していません.ただ,伊丹空港の廃止と関西州の実現は,政策として支持していました.残念ながら,いずれもその方向には進んでいません.

しかし,この調子だと本当に大阪都ができてしまうかもしれません.そのときは,私は帰る故郷を失うことになるのでしょう.私の故郷は大阪市であり,関西だとはいえますが,大阪府や大阪都ではありません.

いや,現在の大阪の状況をみるにつけ,権威や権力に媚びず自分で考える人々の大阪は,20年近く故郷を離れている間に既になくなってしまった,と感じています.かつて日本の最先端地域だった大阪は,いまや周回遅れ同然です.

2010/04/20

モチツツジ?

20100420mochitsutsuji01 20100420mochitsutsuji02

大学内のいくつかの場所に,この木が植えられています.調べてみると,「モチツツジ」ではないかと思うのですが,どうでしょうか.

20100420mochitsutsuji03 20100420mochitsutsuji04

左は4月19日,右は4月20日です.いま,ちょうど花が開いていくところです.

2010/04/19

20100419yodo01 20100419yodo02

大阪から京都へ向かう京阪電車から見た,木津川・宇治川合流点付近のようすです([地図]).高架の道路は京滋バイパスで,川を越えて名神高速道路に接続します.左の写真で,高架道路の下に土手と鉄橋が見えますが,これがこれから電車が走って行くところです.

ここのすぐ下流でさらに桂川が合流し,淀川となります.かつてはこの合流点付近が氾濫して,川がよどんでいたので,「淀川」という名前がついたそうです.この箇所のすぐ先には「淀」という駅もあります.

京阪電車では,ここの景色が一番好きです.

2010/04/18

長谷川等伯展

20100418hasegawa01

京都国立博物館で開かれている,長谷川等伯展に行ってきました.

20100418hasegawa02

博物館の建物を出ると,太陽が,展示されていた「月夜松林図」のようでした.

2010/04/17

おにぎり

20100417seven

セブンイレブンのおにぎりは,包装がずいぶん簡素になってしまいました.

こちらと同じようなものを感じます.

2010/04/16

寒い

20100416samui

4月半ばとは思えません.

2010/04/15

続・出遅れ

20100415sakura01

4月10日の記事
で,1つだけ出遅れている桜の花の記事を書きましたが,並んで植えてある別の木にもそんな花がありました.しかも,よく見ると(写真の一番上),まだ花芽がついています.

2010/04/14

徒歩5分

20100414toho01

大学に,こんな案内板ができました.

20100414toho02

「5分で歩ける範囲」という表示があります.

広島大学は,「間違いだらけの大学選び」という記事で,「大学は広ければいいというものではない,ということを実感させられる大学」と書かれたことがあります.

2010/04/13

大学で見た鳥

20100413tori

大学内で見たのですが,何という鳥でしょうか?

(3月30日に撮影)

2010/04/12

お召しあがれます

20100412omeshi

「お召しあがれます」…なんともはや.

2010/04/11

ろうそく

20100411rosoku01

家のそばのレストランの玄関に,こんなろうそくがありました.

20100411rosoku02

よく見ると,小さなろうそくが台の上に置いてあるのではなく,全体がろうでできていて,火をつけた芯が浮かべてあります.

2010/04/10

出遅れ

20100410deokure02

3月31日の記事で散ってしまったと書いた大学の桜ですが,今になってひとつ花が咲いていました.

20100410deokure01

やっと花を咲かせてみたら,まわりが葉っぱばかりで,出遅れ,という感じでしょうか.

【関連記事】 2010年4月15日

2010/04/09

タンポポ

20100409tampopo01

春になり,大学の草地では,まずタンポポの花が咲いています.

20100409tampopo02

それにしても,ずいぶん茎が短いように思うのですが…

2010/04/08

桜の生け花

20100408sakuraike

なかなか豪快な生け花です.美容院の前に飾られています.

2010/04/07

侵略

20100407model

マンションのモデルルームなのですが,最近新しいマンションは建たないのでしょうか…

と思ったら,ドアをよく見ると貼り紙がしてあります.どこかに移転したのでしょうか.

2010/04/06

今年の教会の桜

20100406kyokainosakura01

教会の枝垂れ桜が,今年もきれいに咲きました.

20100406kyokainosakura02

枝垂れ桜は風で揺れるので,接写をするのに苦労しました.

2010/04/05

今年も出てきた

20100405nagami01 20100405nagami02

今年も出てきました,「現代の鉄道草」ナガミヒナゲシです.

ヒナゲシ,すなわちポピーに違いはないはずですが,「偽ポピー」などというありがたくない名前までついているそうです.この花を「貧相」と言っている人がいましたが,くすんだ花の色,ひょろっとした茎に加え,花びらが薄く,上の写真のようにすぐ欠けてしまうところも,そういわれる理由ではないかと思います.

20100405nagami03

それにしても,冬の間は隠れていて,春になると急に茎を伸ばして花を咲かせます.ここにも,たくさん隠れているのでしょうか.

20100405nagami04_2

と思って翌日よく見たら,やはり伸びてきていました.

2010/04/04

水陸両用バス

20100404suiriku

大阪で水陸両用観光バスが走っているというのは聞いていましたが,実物は初めて見ました.
窓ガラスがないので,この日(3月27日)は寒かったのではないかと思います.

2010/04/03

門柱と月

20100403tsuki

新しくできた門柱の間に月がのぼっていたので,写してみました.

2010/04/02

長い足

20100402ashi

このくらい足が長かったら良…くないか...

2010/04/01

桜のライトアップ

家の前の桜は,花の時期にはライトアップされています.

20100401light

なぜか,昼間もついています...

フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

浅野晃のサイト

無料ブログはココログ