« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

2010/02/28

うぐいす

20100228uguisu

しばらく前ほどではないにせよ,暖かい日が続いています.

日曜日の静かな大学内では,うぐいすが鳴いていました.(写真をクリックしてください)

2010/02/27

水素自動車

20100227hydro

広島大学の本部前に,マツダから寄贈された水素ロータリーエンジン自動車が展示されています.

デモ走行とかないのでしょうか?

2010/02/26

ショートカット

20100226short

大学内の通路に,ショートカットが作られていました.
確かに,ここは講義のあるときには歩行者と自転車が錯綜して危なかったので,よいことだとおもいます.

2010/02/25

新・新旧携帯電話

20100225keitai

このブログを書き始めて間もない2008年1月7日に,2年2ヶ月ぶりに携帯電話を買い換えたと書きました.あれからまた2年2ヶ月たって,48回の分割払いが終わって「年季明け」になったので,新しい携帯電話を買いました.

今度は,シャープのSH-03Bという機種で,「グーグル携帯」などのスマートフォンではないのですがフルキーボードがついています.誰かが「究極のガラパゴスケータイ」と言っていました.その通りだと思いますし,それでいいと思います.

【関連記事】 2010年3月8日

2010/02/24

笛の音

20100224fue

誰もいない夜の大学に,笛の音が…(画像をクリックしてください)

実は,同じ階にパンフルートを趣味にされている先生がいて,練習されているのでした.

2010/02/23

熱帯の雨

2010年1月11日,クアラルンプールにて.初めて熱帯の雨を経験しました.
(写真をクリックすると動画を表示します)

20100223ame01 午後3時半

20100223ame02 午後4時半

ここ5年ほど,毎年8月にインドネシア・スラバヤに行っていますが,8月はスラバヤでは乾期なので,雨は一度も経験していませんでした.

2010/02/22

黄一色

20100222kiiro

広島駅にて.
今後数年間で,中国地方のJRの電車はすべてこの「黄一色」塗装になるそうです.

JR西日本はいろいろと理由を並べていますが,要は「塗装費をケチりたい」ということのようです.

中国地方には,JR発足後に製造された電車は1両も走っていません.
ネット上で,「JR発足の直前に,国鉄は東京に新しい電車を入れて,大阪に古い電車を押しつけた」と不平を言っている人がいたので,「JR西日本だって,大阪だけに新しい電車を入れて,広島に古い電車を押しつけている」と言ったら,「それは別にかまわない,広島は大阪ほど黒字を出さないんだから当たり前」と言われたことがあります.

それだったら,大阪のJRは東京ほど黒字を出さないから,古い電車を押しつけられても当たり前でしょう.「ジャイアンツが金で選手を集めるのは気に入らないが,タイガースがカープから選手を引き抜くのはかまわない」と言っているのと,まるで同じです.

私は自分も大阪人だと思っていますが,こういう大阪人は恥ずかしいと思います.

【関連記事】 2010年3月1日4月17日

2010/02/21

アムステルダムのバス

20100221amsterdam

アムステルダムで乗った市内バスです.連接車体の中央付近にある乗車口から車内に入ると,切符売り場があります.

日本では,こういう大型市内バスははやらないようですが,なぜでしょう?

【関連記事】 2009年3月7日

2010/02/20

梅田貨物駅下の地下道

JR大阪駅の北側にある梅田貨物駅の下を東西に抜ける,長い地下道があります.[地図
大阪駅北口から梅田スカイビルに行くには,ここを通ります.

20100220chikado01

この地下道は,実は大変歴史のあるもので,1928年に開通しました.この写真は,東側入口にある,開通当時の記念銘板です.ただ,再開発工事のために貨物駅が縮小されたので,地下道は東側が一部廃止されて,当初より短くなっています.

20100220chikado02

西側入口には,大阪市章の「澪標」をかたどったオブジェが飾られています.

2010/02/19

明石海峡大橋と夕陽

20100219sunset

大阪の梅田スカイビル・空中庭園から,夕陽を撮影してみました.
春秋それぞれ10日間ほどだけ,このように明石海峡大橋に沈む夕陽を見ることができます.

20100219sky

空中庭園は,高さ173メートルのスカイビルの屋上にあり,窓越しではなく外に出て景色を見ることができます.こんな寒いところで写真を撮ろうなどというのは私くらいかと思っていたら,日没時にはけっこう人が集まっていました.

2010/02/18

ポスターセッション

20100218poster

ある学会での写真です.
このように,パネルに研究内容を書いたポスタを貼り,発表者がその前に立って,関心をもって聞きに来た参加者と議論する,という形式の講演会を「ポスターセッション」といいます.

多数の聴衆に向かって壇上で講演する「オーラルセッション」に比べて,なんとなく格下のように思われていますが,発表に関心のある人と一対一で話しができ,コネクションもつけられるので,私はこちらのほうが有益だと思います.

しかし,狭い会場にたくさんのパネルを置くために,こんなふうにパネルを折り曲げてしまうと,発表者がパネルの前にたつととなりの発表者とぶつかってしまいます.ちょっとこれは困ります.

2010/02/17

干潟の鳥

20100218higata

天候のせいなのか,家のそばの川は水量が減り,川底が干潟になって現れていることが多くなっています.

この鳥は,干潟にいる虫を食べているのでしょうか.冬によくみかけるセグロセキレイとは,違う鳥のようです.

2010/02/16

まだら

20100216madara

大学の建物です.
タイルを修繕したのですが,新しいタイルと古いタイルがまだらになってしまっており,このように日が当たると大変目立ちます.

映画などで使う「エイジング」の手法で,新しいタイルを古いタイルと同じように見えるようにできないものでしょうか?

2010/02/15

芽が

20100215me01 20100215me02

寒い日が続いていますが,タイルの隙間から芽が出てきています.
(春とは関係のないものかもしれませんが)

2010/02/14

続・バイキング料理

2009年12月26日より続く)

20100214viking

だから,なぜテーブルに沿って並ぶ…(しかも,皿まで持ってcoldsweats01

2010/02/13

缶入りコーンスープ

20100213corn01

缶入りコーンスープに入っているコーンの粒は,どうしても缶の縁にいくつかひっかかってしまい,残さず食べることができません.こういう不満に応えたのか,最近は,縁にひっかからないボトル缶のものもあるそうです.

20100213corn02

この缶は,珍しく残らず食べられました.しかし,何か変な粒が入っていると思ったら,トウモロコシの芯でした.

それに,確かに残さず食べられましたが,そもそも入っている粒の数が上の写真のものより少ない気がします.

2010/02/12

流れるプール

201002012nagareru

きのうに引き続き.

こちらは流れるプールでしょうか?

2010/02/11

甲羅干し

20100211koura

これがホントの.

賀茂鶴オアシス」にて.

【関連記事】 2009年4月27日明日に続く

2010/02/10

霧の川

20100210kiri

家の前の川面に,濃い霧が出ていました.
橋脚が霧に包まれています.

2010/02/09

金沢城

20100209kanazawajo01_2 20100209kanazawajo02_2

昨年12月に訪れた金沢城の写真です.
実は,金沢城には藩政時代から残っている建物は3つほどしかないそうです.左の写真は,そのひとつの「三十間長屋」です.右の写真は,左の写真を写した場所から反対側を写したもので,写っている建物は新しく復元されたものです.

藩政時代からの建物がほとんどないのは,昔ここを使っていた陸軍が,明治時代に失火で焼いてしまったからだそうです.三十間長屋は,高台の上にあり堀で仕切られていたため,火が回らなかったのでしょう.

右の写真に写っている建物の手前に観光案内所があり,そこでは陸軍時代や,戦後から平成の初めまで金沢大学があったころの,建物の配置図を見せてもらいました.

2010/02/08

揺れる看板

20100208kanban01_2

画像をクリックして,ビデオを表示してみてください.2つある吊り看板のうち,左側だけが,風をはらまない方向に激しく揺れています.誰かが上から揺すっているかのようです.

20100208kanban02

後で反対側を見てみたのですが,とくに変わった様子はないのですが…coldsweats02

2010/02/07

船溜

20100207fune01

宮島口近くの船溜です.レールに乗っている船は,修繕中なのでしょうか.

20100207fune02

引き潮のときは,海には出られないようです.

2010/02/06

宮島連絡船

20100206miyajima01

宮島口から宮島に渡る「JR宮島連絡船」は,かつては青函連絡船や宇高連絡船と同じ「国鉄連絡船」だったもので,その中で唯一現在も運行されているものです.現在は,JR西日本の直営ではなく,子会社の運営になっています.

20100206miyajima03

現在でも,宮島連絡船はJR線の一部の扱いをされており,電車の宮島口駅から見える上の写真のフェリー乗り場は,「宮島航路宮島口」とよばれています.また,対岸の島のほうにあるのは「宮島駅」で,線路もプラットホームもない「駅」です.

20100206miyajima02

宮島口-宮島間には,JR連絡船の他に,広島電鉄系列の「松大観光船」が運行されています.JRのほうが大鳥居に近い側を通っているので,JRの宮島行きの船は,わざわざ大鳥居のそばへ迂回するというサービスをしています.ただ,写真のように往復切符を買ってしまうと,帰りもJRの船しか乗れないので,行き帰りは別に切符を買った方がいいと思います.(料金の往復割引はありません)

JR宮島連絡船は,JRの鉄道路線の一部ということで,全国のJR駅から「宮島駅行き」の通しの切符を買うことができ,青春18切符でも乗ることができます.一方で,広島電鉄やJRバスと同じく,広島地区の共通バスカードやICカードPASPYも利用できるという,ちょっと変わった仕組みになっています.

2010/02/05

更地分れ

20100205sarachi01

広島の宮島口駅そばに,こんな名前のバス停があります.

20100205sarachi02

確かに道が分かれていますが,更地ではありません.

2010/02/04

22.2.2

201002042222

駅で,「平成22年2月2日」で2が4つ並んだ入場券を売っていました…て,今日はもう2月4日なんですけど...

そういえば,2000年2月2日に「今日は西暦888年8月28日以来1112年ぶりの,偶数ばかりが並んだ日」という話題が出ていて,へぇーと思ったことがあります.いや,当たり前なんですけど.

2010/02/03

恵方巻

20100203eho_2

元は大阪の習慣,ということらしいのですが…子供の時,寿司屋の玄関に「節分には巻き寿司の丸かぶり 今年の方角は云々」というポスターが貼ってあって,家族で「何あれ?」と言っていたのを思い出します.そのころに,海苔屋さんの組合が広め始めたようですね.

私は大阪の生まれ育ちですが,丸かぶりはしたことがありません.
巻き寿司を丸かぶりなんて,おいしくないじゃありませんか.

「座観雑感」のデザインを変更

私的ウェブサイトの「座観雑感」のページデザインを,公的ウェブサイトで現在使っているものに変更しました.

たくさんのページを一斉に変更するため,perlでスクリプトを書きました.perlのプログラミングをしばらくやっていなかったので,練習を兼ねています.以前のperlと比べると,いまは日本語の処理が簡単になっているようです.

2010/02/02

さようなら,みらいのでんしゃ

新幹線の「500系のぞみ」が,今月末で廃止され,500系電車は8両編成の「こだま」だけになります.先日の東京出張では,もう1日1往復しかない「500系のぞみ」に乗りました.

20100203nozomi50001

広島駅にて.私だけでなく,手前の外人さんも,奥の男性も,写真やビデオを撮っていました.

20100203nozomi50002

前の席に座っている人の新聞に,「新幹線 米で積極営業」という記事が出ています.

20100203nozomi50003

品川駅にて.この日も女性の車掌が乗務していましたが,1997年に500系電車が博多→新大阪の「のぞみ500号」として走り始めたときは,必ず女性の車掌が乗務し,英語のアナウンスまですべて肉声で行っていました."This is NOZOMI five-ou-ou bound for Shin-Osaka.""This train is now traveling at three hundred kilometers per hour."という台詞を覚えています.

20100203nozomi50004

さようなら,「みらいのでんしゃ」…

【関連記事】 座観雑感みらいのでんしゃ」 游景さようなら 夢の超特急

2010/02/01

スカーフ

20100201hijab

夏にインドネシア・スラバヤに行ったときの,ショッピングセンターの写真です.左端に,イスラム女性がかぶっているスカーフ(*)の店が写っています.実に色とりどりで,おしゃれの重要なパーツになっています.

インドネシアでは国民の85%以上がイスラム教徒のはずですが,街ではスカーフをかぶった女性はそれほど多くありません(店員と客は当然ながらスカーフをかぶっていますが).一方,大学にいる女性はたいていスカーフをかぶっています.インテリのほうが信心深いということでしょうか.

このスカーフは,ただの布ではなく,おでこのところに帽子のつばのようなものがあり,安定させるようになっています.また,子供は本来しなくてもよいものですが,イスラム教系の小学校では制服にスカーフが採用されていて,巻くのではなく簡単に「かぶる」ことのできるスカーフがあります.子供用の,はじめから結んであってゴムで止めるネクタイみたいなものでしょう.

(*) 日本では,アラビア語の「ヒジャーブ」という言い方がよく知られているようです.

フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

浅野晃のサイト

無料ブログはココログ