« 川鵜の翼 | トップページ | みかんツリー »

2009/12/31

音戸の瀬戸

先日,松山に行ってきました.
広島からフェリーに乗って,うとうとしていると,エンジンの音が静かになっているのに気づきました.

20091231ondo01

外に出てみると,やはりこの「音戸の瀬戸」(マピオンの地図)を通過していました.ここは幅が90メートルしかなく,高速船もここを通過するときは徐行します.

20091231ondo02

松山に向かう船は,音戸の瀬戸を過ぎると,大きく左に旋回します.この後は松山までほぼ一直線です.

広島から松山に車と船で向かうには,もうひとつ,呉市中心部から山一つ隔てた阿賀港と松山市北部の堀江港を結ぶフェリーを利用する方法がありました.この航路は,航行の難所である音戸の瀬戸を通らないので速い,という大きな利点があり,以前松山に行ったときはこちらを利用したのですが,残念ながら今年6月末で廃止されてしまいました.

高速道路の値下げや無料化もよいとは思いますが,橋については格別の費用がかかっているのですから,別に考えるべきではないでしょうか?江戸時代においても,民間に橋を建設させ,そのかわりに「橋銭」という通行料の徴収を許可する,という手法がとられていたと聞きます.

« 川鵜の翼 | トップページ | みかんツリー »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 川鵜の翼 | トップページ | みかんツリー »

浅野晃のサイト

無料ブログはココログ