« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

2009/12/31

音戸の瀬戸

先日,松山に行ってきました.
広島からフェリーに乗って,うとうとしていると,エンジンの音が静かになっているのに気づきました.

20091231ondo01

外に出てみると,やはりこの「音戸の瀬戸」(マピオンの地図)を通過していました.ここは幅が90メートルしかなく,高速船もここを通過するときは徐行します.

20091231ondo02

松山に向かう船は,音戸の瀬戸を過ぎると,大きく左に旋回します.この後は松山までほぼ一直線です.

広島から松山に車と船で向かうには,もうひとつ,呉市中心部から山一つ隔てた阿賀港と松山市北部の堀江港を結ぶフェリーを利用する方法がありました.この航路は,航行の難所である音戸の瀬戸を通らないので速い,という大きな利点があり,以前松山に行ったときはこちらを利用したのですが,残念ながら今年6月末で廃止されてしまいました.

高速道路の値下げや無料化もよいとは思いますが,橋については格別の費用がかかっているのですから,別に考えるべきではないでしょうか?江戸時代においても,民間に橋を建設させ,そのかわりに「橋銭」という通行料の徴収を許可する,という手法がとられていたと聞きます.

2009/12/30

川鵜の翼

20091230kawau

最近,このような「翼を広げている川鵜」をよく見かけます.

2009/12/29

雲海

20091229unkai01

広島市の西にある山を見ると,谷間に雲がかかっていました.山頂からは,雲海に見えているのでしょうか.

20091229unkai02

とおもったら…♪

2009/12/28

半自動ドア

20091228hanjidou

広島駅にて.
広島は,瀬戸内ということで暖かいところと認識されているようですが,寒い日にはこのように半自動ドア(駅に停車中には,手動で閉めることのできるドア)が利用されています.

2009/12/27

雪吊り

20091227yukitsuri01

兼六園の,有名な「雪吊り」です.

20091227yukitsuri02

兼六園だけでなく,ふつうの家でも,このように雪吊りが行われています.

2009/12/26

バイキング料理

20091226viking

国際会議での,ランチのようすです.いわゆる「バイキング料理」です.

人々が,料理が並べられた長いテーブルに沿って並んでいます.ランチの時は,料理の種類はそれほど多くないのでよいのですが,いろいろな料理の並ぶパーティでも,こういう並び方をしていることがしばしばあります.

すべての料理を一皿に載せられるはずがありません.そういうときは,テーブルに対して垂直に並んで,一度に一種類の料理だけをとるべきです.

でも,テーブルに沿って人が並んでいると,「順番抜かし」をとがめられるような気がして,つい他の人々にしたがってしまいます.「行列の順番を抜かされる」というのは,人間にとってもっとも嫌なことのひとつなのだと思います.

2010年2月14日に続く)

2009/12/25

茶包不要直接放入茶壺内

20091225pot

わざわざ中国語で書いてありますが,中国ではそうやってお茶を入れるのでしょうか?

2009/12/24

大野川鉄橋

20091224kahoku_2

金沢市と内灘砂丘は,河北潟とそこから流れ出る大野川とで区切られています.この写真は,大野川を渡る電車から撮影したものです.

電車は,自転車なみの速度でゆっくりと橋を渡ります.橋が古いからなのでしょうか?

20091224hokutesu

こちらの記事でも,金沢の北陸鉄道線の景気の悪い話を書きましたので,名誉のために.朝の時間帯に北鉄金沢駅に到着する電車は,こんなに混雑しています.

2009/12/23

クラゲ

20091223kurage

金沢市郊外・内灘海岸の砂浜です.岩か氷のように見えるものは,触ってみるとブヨブヨです.
流れ着いたクラゲの死骸だと思われます.

2009/12/22

冬の春紫苑

20091222harujion

このブログで何度となく取り上げている春紫苑です.春から夏にかけて咲く花ですが,まだわずかながら残っています.

2009/12/21

今年のセグロセキレイ

20091221seguro

大学内で,セグロセキレイを見かけました.この鳥が現れ,声が聞こえると,どうやら本格的な冬のようです.

【関連記事】 2008年2月19日2010年2月17日

2009/12/20

冬のイチゴ

20091220ichigo

寒い日が続いていますが,ベランダのイチゴは元気です.
いままでになく大きな実がたくさんなっています.

【追記12/22】 食べてみると,酸味だけでなく甘みが増しており,野苺ではなく市販のイチゴのような味がしました.

誕生日

法律では,誕生日の前日に年をとることになっているそうです.ということは,今日で私は45歳ということになったわけです.

私と同い年のある先生が35歳になったとき,ブログに「人生の半分が終わってしまったような気がする」と書いていらっしゃいました.そうだとすれば,45歳というのは,どうみても後半戦です.

子供の頃,まわりの大人達が「もう年はとらへん,ずーっと35歳や」などと言っていた気持ちが,今はよくわかります.

2009/12/19

ロケハン

2010年1月15日に,西日本では「日没帯食」が見られます.日没帯食とは,太陽が日食で欠けたまま沈むことです.今日は,これを撮影する場所を探す「ロケハン」をしてきました.

20091219location01

広島は,狭い平野が東西の山に挟まれた地形なので,夕陽を眺めるのにはあまり向かない土地です.西側が開けているのは,一部の海岸しかありません.しかも,海には島が多く,水平線に太陽が沈むところは見られません.

その海岸で,夕陽を撮影してみました.夕陽の下に写っている島影は,厳島(宮島)です.今日は,少しだけ雲が出ていて,夕陽の撮影には最適な天気でした.当日,欠けた太陽がこんなふうにきれいに見られることを願っています.

20091219location02

今日はただでさえ寒い一日でしたが,海岸では日が沈むと急激に寒くなりました.太陽の力は偉大なものです.

【関連記事】 2009年1月4日2010年1月15日(日没帯食が,きれいに写せました)

2009/12/18

今年も雪

ずいぶん寒くなりました.

20091218yuki01

今日(18日)は,大学のまわりもうっすらと白くなりました.

20091218yuki02

これは,17日に大学内で撮影した,ちらつく雪です.

20091218yuki03

広島市内から見ても,山のほうは雪になっているのがわかります.

2009/12/17

内灘砂丘

実は内灘砂丘へは,高校生だった30年近く前に,友達と来たことがあります.なんとなく金沢に来て,「日本海の荒波を見よう」といって,電車に乗りました.

20091217uchinada01

駅から海岸へ向かう「鉄板道路」は,砂丘を登って降りる形になっています.高校生の時は,この海岸への下り坂には,砂しかなかったという記憶があります.

20091217uchinada02

今は,海岸に大きなスーパーや温泉ができています.

2009/12/16

鉄板道路

金沢から広島に帰る日に,金沢市から電車で少し行ったところにある「内灘砂丘」に行ってきました.

20091216teppan01_2 20091216teppan02_2

内灘駅から海岸に向かう道には,「鉄板道路」という名前がついています.これは,朝鮮戦争のころ,米軍が砂丘を接収して大砲の試射場として使ったとき,物資を運ぶために,砂丘に鉄板を敷いて道路を作ったことによるものです.

もちろん,現在はちゃんとした道路で,この周りの砂丘は立派な住宅地になっています.

【関連記事】 2009年12月17日

2009/12/15

錆びた鉄路

20091215tetsuro01

北陸鉄道石川線の起点,野町駅です.国際会議の翌日は,金沢から北陸先端大に行く用事があり,この電車に乗りました.今私が乗っている電車の停まっている線のほかに,もう1本線路とホームがありますが,このようすではあまり使っていないようです.

20091215tetsuro02

電車には,アテンダントが乗っていました.

2009/12/14

カラオケ?

20091214karaoke

金沢で開かれた国際会議で,司会をしているところです.

カラオケで熱唱しているのではありませんcoldsweats01
(私は歌は苦手で,カラオケは嫌いです)

2009/12/13

金沢の夕景

20091213kanazawa_2

金沢市のホテルから撮影しました.
金沢は西側が海に面しているので,夕景がきれいです.

2009/12/12

大阪駅11番線

大阪と,続いて金沢に行ってきました.

20091212osakaeki

金沢に向かう列車を待っているホームの向かい側に見えているのが,まもなく完成予定の11番線です.

かつては,11番線は特急列車専用のホームで,金沢・富山方面の列車はここから出発していました.その後,工事のために11番線はなくなっていました.それが,以前の場所とは違っているものの,11番線が再び特急専用ホームとして復活するそうです.

2009/12/11

防潮堤線

芦屋市美術博物館と,隣接する谷崎潤一郎記念館に行ってきました.

20091211bouchoutei

両館の南側には,「防潮堤線」という写真のような道路が通っています.茶色の自転車道の右側にあるのが,現在も残っている防潮堤です.

防潮堤の南側(写真の右側)に広がっていた砂浜と海は,いまは住宅地になっています.よく見ると,もともとの陸地だった北側(左側)には,海岸らしい松の木が植わっているのに対して,南側は別の木が植えられています.

Googleマップもご参照ください(市立美術博物館・市立図書館と下水処理場の間を通っているのが「防潮堤線」です).

2009/12/10

霧の山

20091210kiri

大学から見えるいつもの山ですが,この日は霧がかかって幻想的な風景になっていました.

2009/12/09

夜の川

20091209kawa01

家の前の川です.

20091209kawa02

拡大すると,LEDライトをもった人の影が見えます.川に入って釣りをしていた人のようです.

2009/12/08

木目調

20091208tsubame01

新幹線「つばめ」号の車内は,木目を生かした作りになっています.

20091208tsubame02

窓のブラインドも,こんな感じです.

2009/12/07

新幹線の終点

20091207kagshimachuo

九州新幹線の終点・鹿児島中央駅の新幹線ホームは,壁がなく,開放的な作りになっています.高いところにあるので,眺めがよく,このように桜島がよく見えます.

考えてみると,新幹線の駅で,これ以上先には絶対に延びない,という本来の意味での「終点」は,現在のところここだけではないでしょうか.空中に向かって途切れているレールが,「終点」であることを表しています.

[2016/08/23追記] 現在は、駅の正面にビルが建っているため、この景色を見ることはできません。

2009/12/06

桜島と日の出

20091206sakurajima

桜島と,その向こうの大隅半島から昇る日の出です.

このホテルでは,最上階の展望風呂もこの方向を向いています.浴槽につかっている裸の人たちが,1列にならんで窓の外の日の出を見ているのは,ちょっと不思議な風景でした.

20091206sakurajima02

桜島の北側にかすかに見える2つの山は,右が高千穂峰,左が韓国岳です.高校の修学旅行の時,途中に1日登山の日があり,韓国岳に登りました.修学旅行と林間学校を一度にやっている気分でした.

2009/12/05

卵を使用

20091205tamago01 20091205tamago02

そりゃ,使用しているとは思いますがcoldsweats01

2009/12/04

鹿児島中央発博多行き

20091204hakatayuki

昨日の記事にあるように,現在は鹿児島中央駅から博多駅に向かうには,新八代駅で新幹線「つばめ」号から在来線「リレーつばめ」号に乗り換える必要がありますが,鹿児島中央駅では,このように「九州新幹線 つばめ号 博多行き」と案内されています.

新八代駅に着くときには,どちらの列車の車内放送でも「終点」とはいわず,「乗り換え」と案内しています.

ところで,九州新幹線は,博多側ではなく末端の鹿児島側を先に開通させたことが,政治的な問題とからめていろいろと言われていました.ですが,これは八代-鹿児島間を「末端」と思っていることが,そもそも誤った理解だと思います.

博多-新八代間の距離が151.3kmなのに対して,新八代-鹿児島中央間は137.6kmと,末端どころか博多-鹿児島中央間全体の半分近い距離なのです.また,現在一番速い「つばめ1号」では,博多-新八代間は1時間34分,新八代-鹿児島中央間は35分で走っていますが,かつては八代-西鹿児島(現鹿児島中央)間は2時間以上かかっていました.これは,この区間が海岸線をうねうねと走る単線だったからです.

つまり,一番時間短縮効果の大きなところを最初に新幹線にしたわけで,きわめて合理的な考えだといえます.

2009/12/03

新八代駅

新八代駅では,在来線の「リレーつばめ」号と新幹線「つばめ」号が,同じホームで乗り換えられるようになっています.博多-新八代間の新幹線は2011年3月に開通予定なので,このようすが見られるのもあと1年ちょっとです.

20091203shinyatsushiro01

博多から新八代まで在来線を走ってきた「リレーつばめ」号は,本線から分かれて専用の線路に入ります.

20091203shinyatsushiro02

専用線は,土手を上って,在来線の上を交差している新幹線のホームに向かってゆきます.

20091203shinyatsushiro03

右が在来線「リレーつばめ」号,左が新幹線「つばめ」号です.ふつうは,「リレーつばめ」号でやってきた客は3分間で「つばめ」号に乗り換え,まず「つばめ」号が発車します.その後,「リレーつばめ」号は次に鹿児島からやってくる「つばめ」号の客を乗せて,博多に帰って行きます.

しかし,この日はダイヤが乱れていたため,私が乗ってきた「リレーつばめ」号は直ちに客を乗せて博多に向かい,私が乗り換えた左の「つばめ」号は発車まで10分以上待っていました.

遅れた原因は,福岡県内での霧とのこと.しかし,山陽新幹線はふつうに走っていました.また,最初に博多駅に表示されていた遅れ時間は3分だったのに,「リレーつばめ」号が博多駅を出るときは13分遅れ,新八代についたときは20分遅れ,鹿児島中央駅に着いたときは33分の遅れになっていました.遅れ回復どころかどんどん遅れていったわけですが,こんなことで新大阪までの直通運転は大丈夫なのでしょうか?

【関連記事】 2009年12月4日座感雑感ミニ新幹線「東京行き」

2009/12/02

飛び出す

20091202tobidasu

地下鉄のホームにある広告です.広告の枠から飛び出しています.

そういえば,10月8日の記事で,学会で賞をもらったことを書きましたが,その賞というのが「優秀ポスタ賞」でした.そのときは,こんなふうに枠から飛び出したポスタを作ったのを思い出します.掲示用パネルは移動式のホワイトボードだったので,ワイシャツのクリーニングでついてくる紙の芯をパネルに貼り付け,ポスタを飛び出させました.

2009/12/01

傾いた電車

20091201katamuku

京阪電鉄・中書島駅です.この駅は急カーブの途中にあるので,止まっている電車が傾いています.京阪電車は,かつての街道沿いに作られたのでカーブが多く,「京阪電鉄カーブ式会社」といわれていたこともあるとか.

中書島駅は,宇治へ向かう電車への乗換駅です.かつては,京阪の特急は大阪から京都まで止まらなかったのですが,その後,この駅と,近鉄との乗換駅の丹波橋駅に停まるようになり,便利になりました.ですが,いまはさらに停まる駅が増えてしまい,「特別」な急行ではなくただの急行になってしまっています.

フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

浅野晃のサイト

無料ブログはココログ