« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

2008/03/31

カニ

20080331kani_2

うちのマンションは,川辺に建っています.夏になると,潮が引いた川底に,いっせいにカニが現れます.中には,上の写真のように,マンションの玄関にまでやって来るのもいます.

上の写真は,2006年の夏に写したものですが,今年は携帯電話のビデオカメラで「カニうようよ」を写してみようと思います.

[2008/7/18 追記]川のカニ(2008/06/30),続・川のカニ(2008/07/05)の両記事に,今年のカニの写真・ビデオを掲載しました.

2008/03/30

駅の...

20080330eki01

芸備線・安芸矢口駅です.最初に聞いたときは「空家口?」と思ったものです.

20080330eki02

こういう言い方は,最近あまりしなくなりましたね.

2008/03/29

今年の夜桜

マンション前の桜の,去年の写真を,「夜桜」の記事に書きました.

20080329sakura_2

今年も,咲き始めました.

ところで,自分の携帯電話に,上のような縦横比9:16の写真が撮れることに気づきました.デジタルテレビ放送の普及で,この形にも違和感がなくなってきました.しばらく,これでいってみようと思います.

2008/03/28

モンカフェ

20080326moncafe

この手の「ドリップコーヒー」に,よくお世話になっています.いろいろな種類がありますが,味のことは置いておいて,この「モンカフェ」のドリッパーは,とても淹れやすいと思います.

ペーパーの上を厚紙の枠で支えており,また厚紙の縁の形がうまくできていて,勢い良く湯を注いでも,湯があふれにくいのです.ドリッパーが安定していると,すばやく淹れることができるので,湯が冷めずに,美味しくいただくことができます.

2008/03/27

桜咲く

20080327sakura01 20080327sakura02

広島大学は,広島市よりもかなり高いところにあるため,桜の花が開くのもいくぶんおそくなります.しかし,きのう大学内の桜の木を見てみると,そろそろちらほらと咲いてきていました.

2008/03/26

雲海

今朝の広島は,山間部では霧が出ていました.

20080326unkai

この写真は,広島東インターチェンジ付近(この地図の中央付近)で撮影したものです.前方が峠の頂上で,坂を降りたところにインターチェンジがあります.峠の頂上ぐらいの高さが,雲海になっていることがわかります.

2008/03/25

ホテルへの道

昨日の記事のホテルですが,では,丘の上のホテルに,歩いて上がるにはどうするかというと

20080325hotel01

こういう階段を上がらなければなりません.

20080325hotel02

歩いて上がると,こんなふうに励まされ(?)ます.

2008/03/24

道だった...

20080324michi01

スペースワールドの向かい側にある,北九州八幡ロイヤルホテルに宿泊しました.
ホテルは丘の上に建っています.ホテルを出て丘を降りようとすると,上のように,道が途切れています.

20080324michi04

道路から見ると,上の写真のようになっています.

20080324michi03

歩道も,やはり途切れています.

スペースワールドの敷地とホテルの敷地は,かつてはいずれも新日鐵の事業所だったため,間の道路を陸橋で渡る構造になっていたのでしょう.

なお,一番上の写真の位置を手前に降りると,下の写真のようになっており,車で道路まで降りることができます.

20080324michi02

2008/03/23

タイタン

20080323titan01

マンションの間に見えるのは,北九州市の遊園地「スペースワールド」にある,ジェットコースター「タイタン」です.

20080323titan02

「タイタン」が開業したときは,その高さと斜度が大きな話題になりました.横から見ても相当の斜度ですから,実際に乗ってみると,おそらく,真下に落ちるような感覚なのでしょう.

上の写真で,スペースワールドと道路の間にある帯状の空き地は,JR線の跡地です.かつては,新日鐵の工場だったこの敷地を迂回していましたが,今は敷地を貫く経路になっています.

20080323titan03

上の写真は,傾斜地での宅地造成の規制を示す表示板です.かつてのJR線や,路面電車の路線が描かれています.

なお,「タイタン」は,昨年末に起きた事故のため,現在のところ営業を停止しているようです.

2008/03/22

くろがね線

20080322kurogane01

北九州市にあるこの鉄道は,通称「くろがね線」といわれているもので,新日本製鐵八幡製鉄所の八幡地区・戸畑地区の両工場を結んでいる,新日本製鐵専用の鉄道です.

この地図で,「スペースワールド」の文字のあたりを通っているグレーの線が,この鉄道の路線です.全体ではかなりの長さであることがわかります.

上の写真は,枝光駅の東側にあるトンネルの入口です(こちらの地図を参照).北九州市は,市街地が山の迫った海岸線にへばりついているだけでなく,市街地内にも大きな起伏があり,「くろがね線」も住宅地を貫くトンネル内を走っています.

20080322kurogane03 20080322kurogane04

左上の写真はトンネル手前の沿道で,「くろがね線」の大きな鉄橋やスペースワールドのジェットコースターが見えます.右上の写真は,トンネルの上にあたる部分の道路です.このような急斜面が,あちこちにあります.

2008/03/21

長崎街道

20080321matsunamiki01

北九州市八幡西区の,ホテルクラウンパレス北九州わきにある,長崎街道の松並木です.小倉と長崎を結んでいた長崎街道のうち,かつての姿を残しているのはここだけだそうです.

私が以前住んでいた飯塚市も,かつては長崎街道の宿場町でした.飯塚市を通るJR筑豊本線は,福岡県内の長崎街道に概ね沿って走っています.以前,小林稔侍さん主演のドラマ「長崎奉行」が放送されたときは,「長崎奉行列車」が運行され,当時の扮装をした人が,各宿場の駅に降りてイベントを行ないました.

20080321matsunamiki02_2 20080321matsunamiki03

この松並木は,「曲里(まがり)の松並木」とよばれています.「曲里」という地名は,松が曲がっているからではなく,街道がここで折れ曲がっていることから来ているそうです.

実は,江戸時代の松の木は,今はほとんど残っていないそうです.つまり,長崎街道がなくなってからも,松を植えかえるなどして,ずっと景観を維持してきたわけで,その努力には頭が下がります.

2008/03/20

N700系

20080320n700

今月15日のダイヤ改正で,東海道・山陽新幹線には,この「N700系」が増えました.

写真の通り,号車番号・行先など,どの表示も,字が大きくなっています.高齢化社会を先取りしている,ということなのでしょうか.

一方,こちらのページで「みらいのでんしゃ」とご紹介している「500系」は,臨時列車を別にすると,東京―博多間を走るのは1日2往復になってしまいました.また,臨時列車ですが「こだま」としての運用もあります.登場して11年ですから,しかたないとはいえ,寂しいものです.

2008/03/19

夜桜

20080319yozakura01 20080319yozakura02

住んでいるマンションの前にある,桜の木です.

ちょっと早いですが,これは去年の3月31日に撮影したものです.

今年も楽しみです.

2008/03/18

傾いた...

北九州市の黒崎に来ています.

20080318chikutetsu

黒崎駅から出発する「筑豊電鉄」の案内ですが,不思議な向きに傾いています.場所をうまく利用しているといえばそうですが...

「このエスカレーターで1階へupwardright」と書かれていますが,ここは3階で,そのエスカレーターとは奥にある下りのものです.

後ろのビルは,ほぼ丸ごと空家です.何とかならないものでしょうか?

2008/03/17

八ヶ岳

20080317yatsugatake

2004年11月に撮影した,八ヶ岳の様子です.

「富士山のような一極集中ではなく,八ヶ岳型の多極的社会を」とかいった調子で,「いくつもの同等の頂」のたとえによく使われるようですが,関西人には正直実感のわかない表現です.

2008/03/16

続・ちりとてちんセット公開

「ちりとてちん」セット公開の写真,前回の続きです.

20080316chiritoteset01_2

草若亭の稽古部屋にある本棚です.

20080316chiritoteset01m1 20080316chiritoteset01m2

登場人物の「万葉亭柳宝」や「土佐屋尊徳」の書いた本,それに,前々作「芋たこなんきん」の本やその主人公「花岡町子」の書いた本があります.

20080316chiritoteset02

居酒屋「寝床」のメニューです.安い!bottle

2008/03/15

阪神岩屋駅

20080316iwaya01 20080316iwaya02_3

下の「ムンク展」が開かれている,兵庫県立美術館の最寄駅の,阪神電鉄岩屋駅です.この駅は,地下線の出入り口のところにあり,右の写真のように半地下構造になっています.電車は,左の写真で私が立っているところの,真下を走っています.

20080316iwaya03

この地下線は,今から75年前の,1933年につくられたものです.戦時下の神戸が舞台の,手塚治虫作「アドルフに告ぐ」には,主人公が,特高警察の追手から逃れて,この地下線を走るシーンがあります.

阪神電鉄のサイトにある「まにあっく・阪神」の「改良工事着工前の岩屋駅」には,1999年の改造以前の,地下線建設当時の姿をとどめた駅の様子が掲載されています.

2008/03/14

ムンク展

兵庫県立美術館で開かれている,ムンク展に行ってきました.

20080315munch

ムンクといえば,これ.広島でムンクの版画展があったときも,この人形が来ていました.この人形,売店で買うことができます.どこに置くのか悩みますが...

この「叫び」や,人形の後ろのポスターにある「不安」に描かれている赤い空は,冬の北欧では本当に見ることができます.こちらのページをどうぞ.

「叫び」や「不安」の十数年後には,明るく美しい色彩の「太陽」が描かれているのですが,なぜか赤い空のほうが有名なようです.

2008/03/13

橋の親玉

20080314akashi02 20080314akashi01

橋脚間距離1991メートルの「世界一の橋」,明石海峡大橋です.

長いだけでなく,2つの橋脚は,海の中に東京タワーを2つ建てたようなもので,まさしく「橋の親玉」です.

2008/03/12

地表の雲

20080313kumo

朝7時50分ごろ,新幹線で大阪へ向かう途中,東広島駅手前で撮影したものです.標高が高いため,雲が地表付近に降りてきています.

東広島と広島の間には,東海道・山陽新幹線で三番目に長い,長さ13kmの安芸トンネルがあります.このトンネルは,勾配をゆるくするために,まっすぐに進まずに南側に迂回しています.それでも,広島行の新幹線に乗ると,トンネル内では最高速度で走っているはずなのに,音が少し静かで,坂を転げ落ちている(?)ような感じがします.

2008/03/11

ゆがむ!

20080312yugamu

新幹線で東広島駅を通過しているときに,向い側に止まっている列車を撮影したものです.

画像が,左上から右下方向にゆがんでいます.このことは,カメラのシャッターが,上から下へ開いて行き,さらに上から下へ閉じて行っていることを示しています.

また,画像から,ブレよりもゆがみのほうがずっと大きいことがわかります.このことは,シャッターが開いている時間よりも,画面の上と下でのシャッターの開く時刻の差のほうが,ずっと大きいことを示しています.

すなわち,このカメラのシャッターは,上から下へスリットが動いて行くような動作になっており,その動作もかなり遅い,ということがわかります.

2008/03/10

天を翔る道

20080310tenkakeru01m_2

山陽本線の下り電車で,広島県の本郷駅を過ぎると,このような「空中道路」が見えてきます.

20080310tenkakeru02_2

これは,現在工事中の「広島中央フライトロード」の途中にある「空港大橋」で,完成すると,アーチ部間隔380メートルの,日本一のアーチ橋になるそうです.また,川からの高さは190メートルもあるそうです.

山間部の高規格道路は,よく「無駄遣い」と批判されます.しかし,もしもこのような橋がなく,谷を降りてまた上がらなければならないとしたら,あるいは,トンネルがなく峠を登って越えなければならないとしたら,どれだけ時間がかかるでしょうか.山間部の道路は,ものすごい時間短縮効果があることを,知ってもらいたいと思います.

2008/03/09

新幹線並走

20080309shinkansen01

上りの新幹線で大阪に向かっていると,岡山の手前で,いきなり別の列車が下り線を逆走して,横に並んできました.

20080309shinkansen02

これは,車庫から出てきた岡山始発の列車のようで,向い側のホームに入ってゆきました.

2008/03/08

大阪式の余裕

金沢駅」という記事で,金沢駅地下広場の余裕のある造りをご紹介しました.その時「大阪なら店でうまってる」という話を書きましたが,今日の写真は,大阪式の余裕です.

20080308shinsaibashi01

この写真は,地下鉄御堂筋線の心斎橋駅です.昭和のはじめに建設された,この駅をはじめとする大阪で最初の地下鉄駅は,いずれもこのようなシャンデリア付き大ドームでよく知られています.

20080308shinsaibashi02_2 20080308shinsaibashi03_2

一方,こちらは地下鉄長堀鶴見緑地線の心斎橋駅で,1996年に開業した新しい駅です.新しい地下鉄線なので,地下深くに建設されていますが,吹き抜け構造が多く取り入れられ,余裕のある造りになっています.

ところで,私の携帯電話のカメラは,少し暗くなると,ピントが合わなくなってしまうようです.でも,ふつうのデジカメでフラッシュをつけて撮ると,盗撮とまちがえられそうなので,どうかご容赦を.

2008/03/07

古新聞

実家で,古い新聞を見つけました.

20080307shinbun01

「再販問題特集号」の上に「1973年2月臨時増刊」とあり,ちょうど35年前のものとわかります.その上の「理研ビニール工業」の求人広告では,「(昭和)47年度初任給(22才)58,400円以上」とあり,給料の水準がわかります.もっとも,この年の終りには「石油ショック」が起き,消費者物価上昇率が,1973年に11.8%,1974年には24.3%にもなりましたから(こちらのページより),このあたりは「嵐の前の静けさ」というところでしょうか.

20080307shinbun02

ケンタッキーフライドチキンは,1970年の大阪万博が日本初登場でしたから,広告に3年目と出ています.この時点で店の数は61だそうですが,現在は1,143店あるそうです(ケンタッキーフライドチキンのウェブサイトより,2006年4月末).

20080307shinbun03 20080307shinbun04

いろいろな求人広告が出ていますが,「婦人パート」という言い方に時代を感じます.「カナタイピスト」「バニーガール」という求人も出ています.

2008/03/06

過剰包装?

コーヒー店でエスプレッソを買い,持ち帰りにすると,こんなにもいろいろついてきました.

20080306kajohoso

カップを固定する枠,砂糖,ミルク,マドラー.
エスプレッソ自体は,カップの底のほうに,ひとくち分しか入っていません.

私はエスプレッソに,砂糖もミルクも入れません.
はい,邪道です.だから,「何も入れません」と断る勇気がなかったんです.

すみません,地球環境さん.

2008/03/05

ちりとてちんセット公開

NHK大阪放送局で開かれている,連続テレビ小説「ちりとてちん」のセット公開を見学してきました.

20080305chiritoteset01 20080305chiritoteset01m

番組中で使われた仏壇が,展示されていました.右の写真のように,「『ちん』と鳴らしてください 草若」と書いてありました.私も鳴らしましたが,写真の人は本当は生きているわけですから,拝むのはやめておきました.

20080305chiritoteset02

仏壇の横には,お供え物がありました.右側のお酒「わかさ」の箱には,「草若師匠ありがとう ちりとてちんファン」と書いてあります.本当にファンからのお供え物なのでしょうか?

そういえば,「おしん」を放送していたときには,あまりにかわいそうだからと,NHKに米を送ってきた人がいたそうです.

会場の様子を動画でごらんください.→ 【動画1】 【動画2】 【動画3

2008/03/04

蛇危険

20080304hebi01

山の中ではありません.
広島大学のキャンパスの中です.

20080304hebi02

ますます山の中のようですが,よく見ると,木々の向こうに大学の建物が見えます.

20080304hebi03

背中側の池では,あーれーcoldsweats02

2008/03/03

ひなあられ

20080303hinaarare01_2 20080303hinaarare02

「ひなあられ」といえば,左のようなものだと,こどもの時からずっと思っていました.
こどもの間ではチョコボールが人気で,まずチョコだけ食べてしまったものでした.

広島に来てから,右のようなひなあられがあることを知り,驚いたものです.
コンビニで,両方を並べて売っているのを見て,思わず買ってしまいました.

問題は,これを全部食べるのか,ということですが...

2008/03/02

続・煙突?

以前,広島大学の煙突のことを書きましたが,これは夜の写真です.

20080302entotsu_2

煙突の一番上で光っているのは,広島大学の学章「フェニックス」です.
よく見ると,少し欠けが出てきているようです.

2008/03/01

金沢駅

2005年の冬に,金沢を訪れたときの写真です.

20080301kanazawa01

金沢駅前の地下にある,広場です.
何に使っているわけでもありません.単に,広場です.

この余裕が,金沢という土地なのでしょうか.
このとき訪ねた先生は,長らく大阪にいらっしゃった方ですが,「大阪なら,ぜったい店でうまってる」とおっしゃっていました.

20080301kanazawa02  地上のようすです.
20080301kanazawa03 駅全体の模型です.本当に,余裕があります.

フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

浅野晃のサイト

無料ブログはココログ