« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

2008/02/29

気球

20080229kikyu

朝,大学に来ると,よくこんな気球が上がっています.

上の写真は,しばらく前のものですが,今朝大学に来てみると,飛行を終わって,気球を畳んでいるところでした.

20080229kikyunew

この大きな気球を畳むのは,かなり大変そうでした.

2008/02/28

夕映え

20080228yuuhi

広島大学工学部の建物です.

並ぶ建物が夕陽に映える姿は,外から見るとなかなかかっこいいですが,夕陽の当っている面には,窓がありません.建物の中に入ると,廊下がとても暗いです.

この建物は,26年前に建った,広島大学東広島キャンパスで一番古い建物です.他の建物には,すべての面に窓があります.やはり不満が出たのでしょうか?

2008/02/27

強風

20080227kyoofuu01_2 きょうは風が強かったようで,ことごとく討死です.
20080227kyoofuu02 と思ったら,支えあって立っているのもありました.
20080227kyoofuu03 こちらは,土手のせいで風が弱まって,倒れなかったのかと思ったら…
20080227kyoofuu04 放置自転車を回収してきたもののようで,紐で繋がれていました.

2008/02/26

芋たこなんきん

2007年6月に,東大阪市の樟蔭女子大で開かれた,連続テレビ小説「芋たこなんきん」のセット公開を見学してきたときの写真です.樟蔭女子大は,モデルになった作家・田辺聖子さんの母校で,大学内に「田辺聖子文学館」が開設されたことを記念したものでした.

20080226imo01

主人公・町子の書斎です.

20080226imo02

会場では,テーマソングにのせて,昭和10年代の街並みを再現するCG技術を紹介する映像が流されていました.上段がスタジオで撮影された映像,下段がCGを合成した映像です.現在の連続テレビ小説「ちりとてちん」の完全版DVDの発売が決まりましたが,ぜひ「芋たこなんきん」のDVDも,このメイキング映像つきで発売してもらえればと思います.

20080226imo03_2

大学の門のそばに出ていた,狂言会のポスタです.なにげなく撮ったものですが,いまよく見ると,「ちりとてちん」に出演中の茂山宗彦さんの名が出ています.

2008/02/25

漢詩

20080225kanshi

香港の黄大仙廟にあった,「コインを投げ入れないように」という注意書きです.

七言絶句になっています.さすがです.

2008/02/24

手の造形

20080224zoukei

中学校の美術の時間に,「手の形を粘土で作れ」という課題が出て,私が作ったのがこれです.

このように,指を折り曲げたことにして,指の形を作らなくてもよいようにしました.

いかに手を抜くか,を考えた結果です.
美術は苦手でした.内申書の評価が悪くて,進学のとき問題になるほどに.

いまでも,形をとらえるのが苦手で,テトリスのようなゲームはさっぱりできません.
それなのに,画像処理が研究テーマになっているのは,不思議なものです.

2008/02/23

春遠からじ

今日は全国的に荒れ模様のようですが,広島でも,今夜は雪になっています.

20080223haru01

しかし,近くのスーパー銭湯では,露天風呂に植わっている梅の木に,かわいらしい花がついていました.

残念ながら,いくら男湯でも,カメラを持ち込むわけにはいきません.かわりに(?),春遠からじということで,銭湯のロビーに飾ってあった雛人形を写してきました.

20080223haru02_2

2008/02/22

坂東の大地

20080222bandou

筑波学園都市のホテルの部屋から写した写真です.
はるか遠くにまで広がる,坂東の大地.いままでずっと西日本で過ごしてきた私には,新鮮な風景です.冬の空気も,西日本に比べ,乾いているのを感じます.

つくばエクスプレスで東京から筑波に向かうと,終点のつくば駅に近づくにつれ,関東平野にはまだまだ土地が余っているということを,車窓の風景に実感します.

2008/02/21

ブティック?

筑波大学で開かれた学会に参加してきました.

20080221gakkai

講演会場の部屋です.
バブル時代によくあった,広い店内に,売り物の服をちょっとしか置いてない,『オシャレなブティック」のようです.

オシャレでない私には,ちょっと落着きが悪いです.




「オシャレなブティック」で思い出す,その頃のマンガ.
二人連れの(オシャレでない)男のひとりが,そういう店に足のつま先をチョンと踏みいれ,
即座に二人でダーッと逃げ出しながら,もうひとりが:

「お,お前,勇気あるな!」

2008/02/20

路面電車

20080220hiroden01

前に住んでいたところの近くにある,広島電鉄の「小網町」電停です.といっても,白線が描いてあるだけで,安全地帯はありません.しかし,昔は電停とはこういうものだったそうで,この電停は,路面電車草創期の様子をよくとどめているそうです.

20080220hiroden02

電停の場所から後を振り返ると,天満川を渡る橋がかかっています.この橋は電車と歩道だけの橋で,車は通れません.これも昔の姿をとどめているもので,広島では,路面電車は道路とは別に建設されたもので,のちに道路の拡幅とともに,道路と線路が一体になっていったのだそうです.

20080220hiroden03

この場所を,電車は上の写真のように通過してゆきます.

2008/02/19

二神山城

広島大学があるのは,「東広島市鏡山」というところです.この「鏡山」というのは,キャンパスの北東にある山の名前です.ここには,戦国時代に「鏡山城」という城があったそうで,1997年の大河ドラマ「毛利元就」では,鏡山城攻略のエピソードが取り上げられました.

20080219futakami

一方,この写真は,大学の西側にある「二神山(ふたかみやま)」です.ここにも「二神山城」があったと言い伝えられていますが,遺構は今のところ見つかっていないそうです.どなたか,発掘に挑戦してみませんか?

2008/02/18

空中出入口

20080218kuchu01

大学で私がいる建物には,こういう変な出入口があります.空中にありますが,どう見ても出入口です.ちゃんと表札灯もあり,外壁にスイッチがついています.

20080218kuchu02

この建物と向いの建物との位置関係は,上の写真のようになっています.もしかしたら,橋をかけるつもりだったのかもしれません.

2008/02/17

戦艦大和

尾道に作られた,戦艦「大和」の映画セットを,2005年秋に見に行った時の写真です.

20080117yamato01 20080117yamato02

当たり前ですが,ここにある戦艦の大砲やら装甲やらは,すべてハリボテです.そばに寄ってみると,ベニヤ板に灰色の塗料を塗ったようなものでした.これが,映画で見ると,いかにも本物に見えるのが不思議です.

20080117yamato03

セットが作られたのは,造船所の跡地でした.セットの横には,写真のようなドックがありました.

2008/02/16

またも雪・その2

2月13日の未明には,東広島だけでなく,広島市内でも雪が降って,朝になっても残っていました.
どうも今年は,雪が多いようです.去年はほとんど降らなかったので,とくにそう感じるのかもしれません.

20080216matamoyuki02

この写真は,大学で私がいる総合科学部の建物です.写真を撮ったのは朝9時ごろで,建物の上のほうには日が差していますが,地面には1日じゅう日が当たりません.ですから,ここの雪は,いつも一番最後まで残っています.しかも,残った雪が毎晩凍りつくので,朝は滑って危ないです.

2008/02/15

またも雪・その1

最近,東広島市では,晴れていたのが急に雪になる,という天気が,しばしばおきています.

20080215matamoyuki01_2

研究室の窓の外は,こんな感じで何も見えません.
ところが,これをビデオに写すと,意外と景色が見えています(ここをクリックしてみてください).人間の眼の特性に,何か原因があるのかもしれません.

なお,この写真を撮った数分後に,天気はあっさり晴れになりました.

2008/02/14

チョコレート

毎年バレンタインデーには,事務室のお姉さま方が,チョコレートをくださいます.

20080214chocolate01

バレンタインデーには,思春期の苦い思い出もあって,以前の「座感雑感」(エッセイのサイト)に書いたこともありました.それも昔のこと,今はありがたく,美味しくいただいています.

家では,広島の「ルールモント」というお店のチョコレートケーキを食べました.とても上品な味でした.

20080214chocolate02

2008/02/13

残された自然

20080213shizen

前に「ぶどう池」の記事で,「池の上流側は,大学内にありながら,自然のまま残されており,生物学や地質学の先生が,実験や調査をしています」と書きました.それが,上の写真の部分です.ここにしかいない種類の生物もいるそうです.

写真をみてわかるとおり,この写真は橋の上から撮っています.大学内で,この橋だけが,名前がないそうです.おそらく,このキャンパスを造成するときに最初にできた橋だから,でしょう.

2008/02/12

モーツァルト

20080212mozart

家のすぐそばにある,ロイヤルホストです.

ロイヤルホストは2階にあるのですが,1階のほうは,メガネ屋さんがなくなったあと,長らく空家になっていました.最近内装工事がはじまったので見ていると,どうやらモーツァルト(広島では有名なケーキ屋さん)ができるようです.

近くに行ってみると,2月13日11時開店,という張り紙がありました.また,店内で生演奏を行うそうで,演奏者募集の広告もありました.実は,ここのすぐ裏手には音楽大学があります.さぞ,いろいろな音楽家が演奏してくれるのではないか,と思います.

このあたりは土地の値段が高いと聞きますが,ここは,広い面積に2階建てで,贅沢に営業しています.また,わが家の向かいには,ここと同じくらいの面積の,大きなお屋敷もあります.一方,わが家は,同じくらいの面積を,80軒で分け合って住んでいます ^^;

2008/02/11

危険?

20080211shashin

「JTB」のショーウィンドウの横にあるのは,最近できた証明写真撮影機です.

でも,歩道からそこへ行こうと思っても,柵があり,赤いコーンまで立っています.柵の外の,写真機の前の道は,路側帯ではなく車道です.先のほうに,写真では車のせいで見えませんが,ちゃんと左折の矢印があります.

写真機の右隣は百貨店の搬入口で,トラックがしょっちゅう来ています.
これでいいのか?

2008/02/10

花筏?

20080210hanaikada_2

家の前の,川の分岐点には,時々このように,ゴミが下流から上がってきて,溜まっていることがあります.写真の場所で,川は左と手前に分岐しますが,分岐した2つの川の,海までの距離の違いのせいなのか,一方の川は下流に向かって流れているのに,もう一方は逆流している時間帯があるようです.そのため,そのときに逆流しているほうの川が分岐点でせき止められ,このようにゴミが溜まるようです.

桜の季節には,ゴミではなくて桜の花びらが溜まり,いわゆる「花筏」になります.それはいいのですが,一度,下流から魚の死骸が大量に流れてきたことがあります.潮が引くと,岸辺に魚が打ち上げられ,臭くて大変でした.あれは何だったのか,新聞記事等は出ておらず,今もよくわかりません.

2008/02/09

煙突?

20080208entotsu

広島大学の入口に,「広島大学」と書かれた塔があります.学生たちからは,通称「煙突」といわれていますが,実は,本当に煙突です.

これはもともと,ゴミ焼却炉の煙突でしたが,ダイオキシン問題で使用中止になってしまいました.そこで,煙突の周りにアルミのカバーをつけて,看板にしたわけです.

ダイオキシン問題は,今になって「それほど問題ではなかったのではないか」という話も出ているようですが,煙突は看板になったままです.

2008/02/08

レトロ「風」電車

以前,広島に「カープ電車」が走っている,という記事を書きました.

Dvc00032
広島には,こんな電車も走っています.これは,昔の電車ではなく,昔の電車「風」の,今の電車です.

Dvc00030
車内はこんな感じです.

2008/02/07

10年後の真実・38年後の真実

20080207hitachi

昨日の記事に出てきた大阪万博回顧展にあった,日立グループ館の模型です.

ここの売り物は,飛行機の操縦が体験できる「フライトシミュレータ」でした.これは私にも記憶があって,長い時間並んだ末に,兄と一緒に操縦席につきました.ところが,うまく操縦したつもりだったのに,着陸に失敗して画面が真赤になり,兄が「えー???」と不満を言っていたのを覚えています.

それから10年ほどたったある時,家に万博のパンフレットがあるのに気づき,ふと見てみると,このシミュレータの説明がありました.実は,16機あるうちの1号機と16号機だけが本当のシミュレータで,あとの14にはただ映像が映っているだけだったのだそうです.10年後に気づいた真実に,かなり,かなりがっかりしました.

それもそのはず,このフライトシミュレータ,なんと巨大な飛行場の模型を,操縦者の操作で移動するカメラが撮影するという「実写」だったのです.このことは,この記事を書こうとしてネットを検索し,「EXPO '70を偲ぶ」というサイトの,このページで知りました.38年後の真実,でした.

それにしても,コンピュータグラフィクスなどなかった時代に,こんな方法で人工現実感を作り出そうとしたことに,大いに感動しました.「10年後の真実」以来のがっかり感は,今日,少しだけ解消しました.

(なお,当時の見学コースでは,シミュレータを体験した後,この巨大模型を見学するようになっていたそうですが,こちらは全く覚えていませんでした.)

2008/02/06

人間洗濯機

20080206sentaku

昨年の夏,広島で,1970年に開かれた大阪万博の回顧展がありました. 

写真の丸い装置は,三洋電機が出品した「ウルトラソニック・バス」,通称「人間洗濯機」です.中に人が入ると,超音波の泡で,全身を15分で洗う,というものです.

当時は,水着のお姉さんが入ってデモをやっていましたが,観衆の反応は「んなアホなもん作って」という感じでした.回顧展の会場で放映されていた,当時の記録映画にも,観衆のおばちゃんたちの表情がうつっています.

しかし,38年後の今,このウルトラソニック・バスは,介護用のお風呂として実用化されています.浴槽につかるだけで洗えるため,介護者の負担を大きく軽減しました.

写真で左後ろに写っている,電動アシスト自転車も,今では普通に使われています.まったく,技術の進歩というのは大したものです.そして,「夢」を語った当時の技術者にも,敬意を表したいと思います.

私は,大阪万博開催当時5歳で,大阪万博を知る者としては,もっとも若い世代にあたります.人生の始まりに,このようなイベントに出会うことができたのは,とても幸運だったと思います.

2008/02/05

続・もっと光を

もっと光を」の記事で書いたプランタですが,やはり光が少ないようなので,窓際に持ってきてみました.天気はよくなかったのですが,カーテンを開けて,朝から昼まで光を当ててみると...

20080204motto01

さっそく,窓(写真中で右側)のほうに向って伸びています.

午後,暗くなってきたので,電灯を点けてカーテンを閉めると...

20080204motto02

今度は電灯のほうへ.まったく,くねくねくねくねと...

2008/02/04

川鵜

20080205kawau01 寒いなぁ...でも,腹減ったし,魚獲りに行かんと...

20080205kawau02 しゃあないなぁ...ぼちぼち...

20080205kawau03 行こか...さぶっ

ここをクリックすると,ビデオを表示します.画面の左のほうを見ていると,始まって5秒くらいのところで潜った川鵜が,最後のほうで出てくるのがわかります.残念ながら,魚は獲れなかったようです ^^;

2008/02/03

ヒャクイチさん

20080203hyakuichi

家の近所にあるパン屋さん,"Boulangerie 101 Brio"です.
フランス語ですから「サンテアン・ブリオ」と読むのでしょうが,わが家ではヒャクイチさんとか,単にパン屋とかよんでいます.

フランス語の店名ですが,クリスマスのときに売り出されるケーキはドイツ風だったり,インドネシア風のパンといいながら豚肉が入っていたり,ちょっと変わったお店です.でも,ここのクロワッサンは,表面がパリッとして中はふわりと柔らかく,最高においしいです.他のパンもどれもおいしく,遠方から車で買いに来ている客もいるようです.

土曜の朝は,よく買いにいっています.なぜかというと,日曜日はきっちり休みだからです.それだけではなく,年末年始の休みが1週間以上あったり,やっぱりちょっと変わった店です.

なお,さっきの「インドネシア風パン」は,私のお気に入りだったのですが,最近は売っていません;_;

2008/02/02

寒いビデオ

といっても,寒いギャグではありません^^;

20080202yukivideo (写真をクリックするとビデオを表示します)

10分で銀世界」の記事に出てくる,2008年1月20日に,大学の部屋の窓を開けて映したビデオです.

私が震えているのがよくわかります...

2008/02/01

スーパーの寿司

20080202sushi01
近所のスーパーで売っているお寿司.8カン入りのはずですが,右端のひとつは...

20080202sushi02
それは寿司やないやろ^^
わざわざ「寿司」と書いてあるのがまた...

フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

浅野晃のサイト

無料ブログはココログ